とりあえず一年生きた。   

2015年 11月 29日




f0200141_03361204.jpg
_東京の暗いニュースが跋扈しているが、天皇杯もあるし
とりあえず放置、家庭内のことをば。ボブ子が無事生誕一年
を迎えた。やったー!というのも、赤子の突然死は1歳未満
に圧倒的に多いからだ。とりあえず朝起きてみたら娘死んで
た的不安からは解放されてゆく。かわりにヨタヨタ歩いて事
故率がグングン上がってゆくので心配事はつきないのだけれ
ども。普通のケーキは当然の如く1歳児に食べさすには不適合
なので、「幼児用ケーキの素」的商品を嫁が買ってきて作っ
た。大人が食べても美味い。

f0200141_03414506.jpg
ゆうほど興味を示さないボブ子。まだケーキを食べ物と認識
していないからか?王冠はベネッセがくれた。紙製。

f0200141_03432077.jpg
ケーキを食べたことにより、ヒゲが生え、王様っぽくなる。
女子なのにな。

f0200141_03451083.jpg
そして栄えある第一回目の誕生日プレゼントはコレ。
Toy-Fi TEDDY
うん、コレ、今ネットで観たら2万円とかで売ってるけど、
ベビザラスで980円な。どっちが間違えちゃったんだ?

常々我々夫婦は、娘に固いおもちゃを与え気味だった。あ、
マテリアル的な話ね。理由はたいしてない。好みの問題か?
大人はどうしてもギミックが面白い物を好んでしまう。だが、
ボブ子はボヤボヤした素材の象を偏愛することからみても、
柔らかいもの好きだ(と思う)。その辺をそこはかとなく反
省してた私は、ベビザラスの柔らかいおもちゃコーナーで誕
生日プレゼントを物色していたのだが、あまりにこのクマの
CMボイス「Toy-Fi TEDDY in store now!」という
クリスペプラ~風のボイスで繰り返されるフレーズを聴き過
ぎて、半ば洗脳状態になり、またベビザラスに売ってるぬい
ぐるみがいわゆるアメリカンテイストで大概可愛くともなん
ともないこともあり、「まぁ、お値段もお手頃であるし、見
た目も悪くないし、これでいいか」と、買った。したら身体
は柔らかいが、尻は電池ボックスで硬かった。また硬いおも
ちゃを与えてしまった…。

f0200141_04015177.jpg
おずおず手を出すキング・ボブ子。気に入ってくれると
いいが。使用感などはまたいずれ。

f0200141_04100966.jpg
平静を装っているが、疎外感が耳にこれでもかという程
表れちゃってる犬。まぁまぁ、仲良く楽しくやろうよ。



今年はしつこく推すぜ!おせち料理!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村


by mokkk | 2015-11-29 04:13 | 犬との生活+嫁+ボブ子

<< 待っていたこと予期していなかっ... 湿ったセレモニー。 >>