君よSOCIOになりたまへ。   

2015年 11月 22日



_明日は最終節。リーグがここで終わるかCSに繋げる
ことが出来るかは我々次第ということに。やぁ!ハラハ
ラしますなぁ!ところで、武藤とかの活躍とかで、去年
~今年から東京の試合に来始めた方もケッコーおられよ
う。そんな方々に今、このタイミングで言っとこう。
 SOCIOになんなさい。
ああなんなさい。今すぐ申し込みなさい。さぁなんなさい。
ん?なになに?年間チケットなんか敷居が高い?何試合観ら
れるか判んない?気持ちさえあれば応援できる?違う違う、
そういうことではないんです。ないんですよ奥さん。SOCIO
というのは「仲間」という意味だ。つまり、身内だ。君達は
お客さんだ。熱心なお客さん、狂信的なお客さん、神懸かっ
たお客さん、とにかくお客さんだ。対して我々は、仲間だ。
仲間が運営してる興行に金なんか払わなくてもいい、だから
我々は年間好きにスタジアムに入る。勿論、払いたい仲間は
SOCIOなのにわざわざアンブロシートとか買って観戦したり
もする。でも基本味スタで行われる我々の試合は我々には開
かれている。お客さんより早く入場できるのも仲間だからだ。
え?でも年間チケット代として年始に払ってるんだろって?
やや違う。我々は資本主義の元で生きている。資本主義下の
クラブにおいて、金は血だ。この血でクラブは回っている。
我々は仲間として定められた血を収め、クラブを支えている。
もちろん私のような食い詰め者にとってそれは安い金額では
ない。でも死ぬ程高いという訳でもない。一年間3食を2食に
食い詰めれば払える金額だ。…ちょっと足らないかな?値上
げしたからな。しかしこの世知辛い現代社会、ネイティブよ
り移民が圧倒的に多く、誰もが孤独を訴える大都市東京で、
おおよそ一万人もの仲間を得られるなら、安い物だとは思い
ませんかね?私は思いますがね?どうでしょうね?
そして君達はもうご存じだと思うが、このFC東京なるクラ
ブは、君達が本腰を入れて人生をかけて応援するのに相応し
いクラブだ。強く、正しく、そして頼りない!そう!応援し
てやらなきゃダメな連中なのよ!応援すると調子に乗る連中
なのよ!絶妙に応援し甲斐のあるクラブなのよ!もちろん、
Jリーグ自体も歴史が浅く、リーグやフロントの運営に難が
ないとは言えない。しかし、それを補って余りある魅力がこ
のクラブにはある。そしてそれは君達の人生を華やかに彩る。
好きなクラブが優勝することと、身内が優勝することの違い
を、君達は3万払えば実感できる。それは凄まじい違いだ。
ウソだと思うならまぁなんなさい。明日申込書をもらいなさ
い。今なら早期申し込みでなんか特別なグッズがもらえるか
ら。…ちょっと今度のは例年のよりショボい気もするが、極
めて実用的な奴だ。もらっておきなさい。

もし、大人になって人生の意味を喪失しがちだなぁと思った
ら、とりあえずSOCIOになってみなさい。意外な事から突破
口が開ける事を、知る事が出来るかも知れないし出来ないか
もしれない。まぁ、ともかくなんなさい。私は知ったよ?

とりあえず、太田を引き留めたり太田級の選手を取るのに、
多めの血が必要だと思うんで…この冬。なんなさい。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村



カニはまぁ、よかったら、検討してみてください。



by mokkk | 2015-11-22 03:32 | FC東京

<< 湿ったセレモニー。 まるか食品がゆく!(にんにく編) >>