人間のクズ。   

2009年 05月 04日

- レコードが売れなくて スタッフを恨んだ だけど意気地が無いから なにも言えなかった -

_あ、タイトルはあくまで曲名なので深い意味はないっス。ざーっと見渡して、ケッコーな量の人々
が、ブログなどで清志郎に対する記事を書いている。ケッコーなことです。しかし、恨み言では全く
無いのだが、「この人達言ってもCD言うほど買ってないだろうなぁ。この人達がみんな”レインボー
カフェ”買ってりゃぁなぁ」と、つくづく思う。レインボーカフェがイマイチ売れなかったおかげで清志郎
のその後の音楽は確実にヨレた。ケッコーいいアルバムなのに。発売当初、自身も結構イイ出来だ
と思ってたんじゃなかろうか、笑っていいともとかでプロモーションしてた。しかしイマイチ売れなかっ
た。そのことを歌にまでしたのが冒頭の歌。川のほとりで自殺を考えるところから始まるかなり切な
くかつ明るいいい曲だ。ヨレたおかげで生まれた十字架シリーズもまた個人的に好きだったりするの
でそう考えるとヨレもそうむげに否定も出来ない。でも、あそこでヨレずにあの方向をふくらました清
志郎も是非観たかったんだなぁ。たらればだがなぁ。いいと思ったものに適切なタイミングで金を支
払わないと、いいとおもったものは形を変えまた消えていく。資本主義ってやつですね。

え?明日もう試合?早ぇな!

by mokkk | 2009-05-04 21:55 | その他としか言いようのない物

<< いいことばかりはありゃしない 僕の自転車の後ろに乗りなよ。 >>