タグ:人の芝居 ( 18 ) タグの人気記事   

優雅な拷問 -義理で観る芝居ー RISU PRODUCE   

2015年 10月 05日




f0200141_03464580.jpg
_写真に意味はなし。要は媚び写真。媚びろ!ボブ子!…誰に?

知り合い達がなんにゃら今週末に固めてバカスカ芝居を打ちやがっ
て、身体の自由もお金の自由も僅かしかない私にはもう悪態つく
しかない状況で、しかたがないので独断で一本選んで佐原号を駆っ
て下北沢へ。こないだご一緒した坂本三成さんの出てる芝居を観
た。観に行かなかったほうの人々よ、すまぬ。すみませぬ。どう
か許してたも。ふぅ、謝罪終了。てへ。

満員御礼だったのだが、どうにか桟敷席を用意してもらって「劇」
小劇場へ。かぶりかと思ったら二回のブース横だった。ココがま
た居住性が最悪で、芝居がまたペッタリとした耽美なお話で、まぁ
拷問。江戸時代の石抱き(ギザギザの板の上に正座してももの上
に石版乗せられるアレ)に処されながら、カスッカスのスピーカー
でヴィヴァルディの四季全部聞かされる感じ。つまり、作品自体
はそんなに悪くない。趣味じゃないけど。ただ、小屋に圧倒的に
マッチしてない。頼むからチケット代千円上げて俳優座劇場でやっ
てくれと泣きながら思った。そういう芝居だもの。足モゲるかと
思いました。トホホ。内容の感想をも少し詳しく書くと、「イキ
ザマ3」というタイトルからそこそこ激しく男っぽいお話を想像
したのだが、フタをあけたらまぁ悪い人が一人もいない毒のない
世界観で、事件は少し起こるものの核心的部分はすべて表現され
ず後日談として語るだけで、すごく希釈したチエホフみたいな話
だった。未熟なんじゃなくて意図なんだと思う。横のヒトはメソ
メソ泣いていたので。(足が痛かったのかな?よくわからないや)
趣味じゃねぇなぁ、こういう善人達のフワフワした戯れ。公演の
時間の半分ぐらい私の心の中ではマンソンさんがミスタースーパー
スターとか歌っておられました。あ、新しいアルバム…どうなん
だろうなぁ…聞きたいなぁ…。演出にさほど不快感はなかったが、
途中使われる故事の解説を幕に映し出したのは客をバカにしてい
るなと思った。しかも中身のねぇ解説!後エンドロール的な物を
映写すんのも肉体表現的にサボってんなと思った。そして映画と
違ってエンドロール中に客は帰れないので石抱き中に突如オナニー
見せられたみたいで憎悪が沸いた。fuck it!そりゃマンソンさん
も叫びます。そしてエンドロール後生の役者紹介は右を右折的重
複でホント勘弁してくださいお願いしますわかりました私がやり
ましたなんでも認めますから勘弁してください勘弁してください
メソメソメソメソ と、いう気持ちに金払ってさせられるので主
催者の感性もしくは品性を疑うヨ?重ねて言うけどイスの良い劇
場でゆったり見せるべき芝居だヨ?もしくは映画やれ。なんか作
品外で、晩節を汚したような作品。映画的にいうと衝撃のラスト
10分みたいな?ま、でもこういうカーテンコール好きな人は好き
だものね…。あ、あとスピーカーが悪い。悪いっていうか不足。
ブラバンをスピーカーから流して太鼓だけ生で叩いて役者がガナ
るのだが、バランスが悪くてヘンに役者の声が小さく感じてしま
う。ホントは小さくないのに。質は悪くてもデカいウーファーと
か転がすべきだったんじゃないかなぁ。音響、予算無かったのか
な?知らないけど。

足をさすりさすり這々の体で挨拶もせずに帰宅する。ボブ子は
寝ていた。そして起きた。  で、また寝た。私も寝る。




映画ダラダラ観たくなった…。なぜだろう?

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村



by mokkk | 2015-10-05 04:49 | 演劇

義理で観る芝居ーFlying Trip   

2015年 09月 16日



_前回書いたような理由で芝居を観に池袋・あうるすぽっとへ。
池袋って書いてあったけど池袋じゃねぇ。東池袋だった。池袋
から歩くと西調布から味スタまでの距離くらいを歩かされる。小
屋自体はキレイだしあまり高層階にあるわけでもないので好感が
持てる。ロビーもただっ広ろい。まぁ中劇場だものね。そのロビー
には夥しい花輪。主演のヒトはとんでもねぇ人気者らしい。知ら
ないけど。ヒロインはAKBだかSK2だかだったヒトらしい。知ら
ないけど。だからなのか物販パねぇ。生写真とか。当パンも有料。
当然買わないから詳細不明。ま、いいんですけれども。

で、中身。控えめに言って上質の高校演劇みたいな感じ。カネか
かってるからセット豪華。照明上品。役者は…ウン、大きな声は
出てるね!レベル。そして台本比較的幼稚、演出ノッペリ。演出
家はTV業界で活躍されてる方らしい。他のTV畑のヒトの演出
観た時も同じ印象を受けた。TV作りのクセなのだろうか?放送
コードとか、万人に判るテンポ感とか?あとは日本の演技指導機
関の不足を痛感した。最初から演劇を志す人々には大学や専門学
校や養成所が受け持つのだが、今回のような若者がヨソの業界で
人気者になってはい芝居しますって時、手っ取り早い演技指導者
がいないのだなぁ。で、現場で鍛えろってことに。でも演出家の
スキルも人それぞれで、芝居作んの上手いけど演技指導ダメなヒ
トなんかザラにいるからね。そして鍛えてる途中に当たっちゃっ
た客の立場は?ジャニーズなんか現場鍛え用に小屋所有しちゃっ
てるもんね。(そーゆー名目なのかは不明なのだども)そして見
よう見まねで芝居しようにも、フツーのヒトほとんど芝居観てな
いもんね。若者のせいじゃないヨ、国家が青少年に観劇を奨励し
ないせいダヨ。結果はびこるアニメ演技。アニメ演技自体は悪く
ないかもだが、肉体がアニメほど面白くないから、アニメのほう
がいいなぁ。家で観れるし。

結論としてはこんなん義理じゃなかったら金もらっても観ないヤ
ツ。でもニーズがあってやっているのだから文句もない。お客さ
ん入ってたし。グッズも売れてたよ。くたびれたが義理も果たし
たし、Winnwinダネ!…そうか?

友人と程々に飲んだくれてから帰途につく。






にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村


by mokkk | 2015-09-16 04:25 | 演劇

義理で観る芝居-空気ノ機械ノ尾ッポ。   

2015年 09月 14日



_義理で芝居を観に中野へ。演劇界にはヨソの業界と同程度
に義理事がある。ひらたく言えば観に来てくれた同業者の芝
居は観に行く義理がある。もちろんスケジュールの都合で義
理を果たせない事もある。てか果たせないことのほうが多い。
なぜならどいつもこいつも同じ時期に芝居をしたがるから。
まぁ客商売なので、お客が観たがる時期に芝居をしたがるの
は至極当然か?そんな訳で果たせるチャンスに義理を果たし
ておかないと不義理が蓄積してしかたがないのだ。でも金銭
的負担も大きいのよ、実際。そんな訳で秋は破産の危険に満
ち溢れてる私だ。ハッ、だからみんな同じ時期に芝居をして
義理事を躱しているのか?…深いな。深いか?

で、今回の芝居は空気ノ機械ノ尾ッポと言う団体の「柵」と
いう芝居。昔共演させてもらった高橋清彦さんと、去年ウチ
の芝居に出てもらった岡田静さんが出演しておる。ダブル義
理。なんしか儲かった気分だ。義理事観劇の特徴のひとつに
「自分で選んでない」という事が挙げられる。つまり好みも
口コミもヘッタクレもなく「えいや!」と観劇するのだ。正
直自分の趣味でない芝居もよく観る。今回もそうでした。例
えるなら夕飯にラーメン食うか牛丼食うか考えてたら「あ、
お客さん、タミヤ1/48三号突撃戦車G型どう?あ、1/35三号
突撃戦車H型の方が好き?」と問われた気分。…逆かな?まぁ
いいけど。完全にセンスと手法が守備範囲外。でもまぁお金
払ったし守備範囲外だからといって嫌悪感を覚えるような類
いでもないので頑張って観る。作為的な紋切り型のセリフと
スピード重視で時折感情を置いてけぼりにする演技法、抽象
的なセットで人の動きだけで行う場面/時間の変化。(転換と
書こうとして転換はしてねぇなと思い直した)この手法で芝
居を作るには役者の技量が足らないなと思った。や、この団
体の役者の力量が足らないという訳ではなく、客の目が肥え
たという意味で。やっぱ映画/TVで編集されたものを観る事
に慣れちゃった目にはキビしいなぁ。むしろ役者というより
アスリートがすべき手法じゃないのかな。でも感情を置き去
りにするスピード感は相当な表現力を持って行わないとパっ
としないように感じるのだがなぁ。TVはそのテンポ感でまっ
たりとした演技を構築可能だからなぁ。でもそう思うのは私
だけかもしれない。特にTVとかあんま観ない人ならグング
ンに楽しめるのかも。わからんけれども。あと小屋のチョイ
スが悪いと思った。あ、小屋はテルプシコールです。私が観
たのが最前列だったのもアレなんだけれども、演者と客の距
離がハンパなく近い。近いのだが、恐らくスピードを損なわ
ないようにしてる為か、演者の客拒絶感もまたハンパないの
だ。「第四の壁、はじめました。」みたいな?でもオレ貴方
が話してる相手役の役者より貴方に近いからね?ヘンじゃね?
疎外感を感じる。でもきっと疎外感を感じたら負けな芝居。
だからきっと第四の壁有りマス芝居に適した劇場でやるべき
じゃないのかな?グローブ座のような客が舞台見下ろす系の
劇場とか、体育館のステージみたいな、パっと見TV画面ぽい
ステージの劇場?…まぁ、好き好きなのかもしれない。TV
のような、スピード感のある、生身っぽくない技法なので、
汗とよだれがヤケに気になった。これも小屋チョイス問題に
つながるのかな?もしくは開演前に水飲みすぎ?この技法で
なければ通常私はそんなに汗とよだれには厳しくない方だと
思うので、団体的には再考を促しても吝かでない案件だと思
いますがどうですかねぇ?お話の締め方には好感が持てた。
言いたいこと言ったらスン!と終わる。潔し。でも終演後役
者の目の前を通らないとおうちに帰してもらえないシステム
は嫌い。あんまり観劇直後に演者に会いたくない人もいるん
だよ。例えばココに。観劇後の感想をまとめるのが遅い上に
嘘つきたくない性分だからさぁ、察して?20秒でいいから楽
屋に戻って?プリーズ。

不意にフォローするみたいでアレだが、18日から群馬の有鄰
館てとこで上演するらしい。小屋が変わるので上に書いた問
題があらかた解決する可能性もある。群馬にお住まいの方や
タイミング良く群馬にご用のある方はご覧になってはいかが
か?

終演後夕方だったので新宿を少しブラついて帰る。帰宅する
とボブ子は泣いていた。泣いているなぁ、ボブ子よ。






にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村



by mokkk | 2015-09-14 04:07 | 演劇

芝居、終わりました。   

2015年 08月 16日




f0200141_02315037.jpg

_芝居、終わりました。ホントは先週の日曜日に終わっていたのだが、
片付けて打ち上げて貸してた物を自分の劇団のコンテナ倉庫にしまう
までがお芝居death!的見地から今日やっと終了のお知らせを打つ運
びに。やぁ、雇われ仕事は赤字の心配がないものの、その分色々気を
使う局面も増えるので、自分でやるのと気苦労的にはドッコイドッコ
イだなぁ。でも赤字がないと言うだけで嫁の機嫌はすこぶる良いので
そこは果てしなくありがたい。観に来てくれた方々、本当にありがと
うございました。私、出てませんでした。なのに観てくれて本当に嬉
しいです。来なかった方々、またお待ち申し上げます。
写真は劇団倉庫からの風景。こないだの選挙の公約からか、西府の開
発が進みつつある府中市だ。何作ってんのかなー?

で、明日、久々に東京の試合、観る。芝居に打ち込んでる間に色々大
変なことになってるようで、なんしか知らないキーパー様がいる…。
てか圍は本当に運がねぇな!ポスト塩田にもってこいだ!頼むぜ!
でも楽しみ。試合も、圍も。






にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村



by mokkk | 2015-08-16 02:42 | 演劇

気取った買い物とちょっとした報告。   

2015年 06月 24日




f0200141_03311669.jpg
_例の神社のほど近くに、厳粛でカッコいい文房具屋…てか
恐らく紙屋がある。店構えが立派すぎてやや入りづらいのだ
が、意を決して浸入し、上の写真の小洒落た便箋と薄いノー
トを購入した。なぜって?

芝居やるから!

去年の芝居で借金こさえて自分の劇団での公演実施が厳しい
私だが、この度ココの団体に雇われ演出家として招かれるこ
とになりましたヨ?渡りに船!8月6~9日。武蔵野芸能劇場。
詳しくはリンク先を見て頂きたい。稽古は始まっているのだが、
まだ2回位しか会ったことない出演者がいたりして不安がない
でもない。でも頑張りますので…。詳しくはいづれ。

で、ノート。私は芝居ごとに必ずノートを買う。主催公演でも、
客演でも、手伝い参加でも。半ば儀式めいているが、まぁ必要
と思って。で、結果5~10ページ位しか使ってないノートがバサ
バサ溜まって、嫁に「なんなのこのハンパノート群?」となじら
れる。今回のノートは薄いのでムダ感が少なくて良さそうだ。

便箋は、あまりにカッコよくてウッカリ買ってしまったが、特に
使い道はない。お手紙を頂いたら、返事を書-こうっと。


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村



by mokkk | 2015-06-24 03:50 | 演劇

TPTの凋落ぶりに泣く。   

2013年 12月 25日

_20年来の友人が出てるんで、つまらないことは重々承知の上わざわざクリ
スマスイヴなんかに渋々森下に芝居を観に行く。そしてココで愚痴る。最近こ
んなんばっかやわぁ…。
しかし観に行った芝居は「つまらない」の域を超えた驚嘆の一作!TPTという
団体は私の知る限りではデヴィッドルボーなる外国人演出家を雇い、堤真一
だの木場勝己だの有名俳優をバシバシ使い朝倉セツの装置の元薄暗い芝
居をカッコつけて演る感じだったのだが、どうもそれは甚だしく過去の情報だっ
たらしい。ベニサンピットがつぶれたことにより凋落が始まったと聞く。替わり
に誂えた近泉ピットなる場所は、いってみたらただのオフィス跡地っぽい部屋。
壁も床も白く、以前使っていた蛍光灯やダクト跡なども取り除かれていない。
そしてなにより川っ縁にあるそこはハンパなく寒い!なのに上演中は音が演
出効果の妨げになるとかで暖房をカット…って殺す気か!!尋常ならざる寒
さも充分演出効果の妨げになっとるワイ!そんな何歩下がって見たところで
劇場とは呼べない空間に、大学の学園祭によくあるようなメイドバイゴミっぽ
いオブジェが鎮座していた。悲しいかな、今のTPTには、白い壁を黒く塗るこ
とすら出来ないようなのであった。あんなに薄暗い芝居が好きだったのにね。
この劇場で、このセットで、チケット代5000円取ろうっていうセンスがワンダー!
そしてパンフレットが有料!買わないとダブルキャストの内訳すらよく解らな
い!(そもそも役名もよくわからないし)ロビーと呼んでる建物のエレベーター
ホールぽい空間のそこかしこに「活動の為に募金ヨロシコ」的ポスターが没落
貴族ぽくて脱力。プライドが高いのか低いのかヨソのことを知らなすぎるのか。
…でもうまくいってるようだったら次から俺も募金募ろうっと!

中身は、最初の歌がヘコい時点で全て終わってる。あそこでもうちょっと踏ん
張ったらもう少しどうにかなったかもしれない。でも踏ん張らない。あーあ。
しかしこの作品に限らず言えること「翻訳物は(作品を大事にしようとする訳
者の仕事のせいで)必ず長い」という問題は、人ごとではない。テンポも悪く
単調なのも、役者のせいだけではないはずだ。演出家の工夫不足と言えば
それでおしまいだけど。エンジェルスインアメリカという、アメリカでは大変当
たった日本でもそこそこ有名な芝居。私もどこかで観たのか読んだのか話を
知っていた。でも、この芝居ではアメリカ感が無く、それが無いのでアメリカ人
特有の虚無感とかが絵に描いた餅。そうなるとこの本のメインテーマ台無し。
ひらたく言うとダメなロミジュリ観ちゃった時と同じダメダメ感。やろうと思った
ことが恐らく既に間違い。あわわわわ。ワークショップ→オーディションで決
まったらしいキャストは実力に大層バラツキがあり、うーん…5000円の芝居
のキャスティングじゃないよなぁという感想。でも嫁役の女優は可愛かった。
芝居がつまんないとき可愛い人きれいな人親しみやすそうな人が出てると
まだ救われる。その人の芝居の出来とはあまり関係なく…な。

芝居後後始末を終えたその友人(男)とクリスマスイヴだっつーのに両国ま
でトボトボ歩いてお相撲さん居酒屋みたいなところでクダをまく。そこでTPT
内部の問題点とかいろいろ愚痴られたけどココには書かない。まぁ、どこに
もイロイロありますわなぁ。せめて友人のパートだけでもよくなるよう感想な
りダメなりを話す。きっと今日の公演は昨日よりマシに違いない。以上!!



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-12-25 21:18 | 演劇

ぐったりリア王。   

2013年 12月 18日

_今年は演劇関係の知り合いがケッコー増えた一年であった。それは有り難い
ことでもあるが例に漏れず「つきあい」が増えることをも意味する。そんなこんな
でこないだの芝居の白玉様がお出になっておられるリア王を観に俳優座へ。
恐らくウン十年振りに訪れた俳優座劇場は子細変わらずただただ古びていた。
良い感じ。いつかは自分の劇団で使わせて頂きたいものだが高いのかなぁ?
で、芝居だが、結論から言うとヒデェ代物だ。お金払ったから遠慮無く言うけど。
シィクスピア・シアターなる劇団はシェークスピアの作品ばかり延々やり続けて
早ウン十年という劇団で、主催の出口典雄はひとりでシェークスピア全作品を
演出した数少ないお方らしいのだが、ぶっちゃけもう飽きてるんじゃないかっつー
淡泊さ。演出上(企画上?)の大きな問題は二点。ひとつは「女性達のシェーク
スピア」と銘打って、実際キャスト全員女性なのだが、まるで意味が無い!
意図がない。女性にしたからなんぞ変化したとか、女性特有の情念だの何だの
がリア王に別の解釈をもたらしたとか、そーゆーの、まるでない。なんのひねり
もなく、女優が男のフリをするだけ。ダメ宝塚。なら宝塚観ようよ!って感じだ。
やりたかった事に対して役者が小粒すぎたのか?しかしそんなことは稽古初旬
で痛感しただろうから次の手打とうよ!?ワンアイディアで無理クリ乗り切ろうとす
んなよポッと出の若手じゃ無いんだから出口先生よう!てか女性達のシェーク
スピアていうのなら当然女性の演出家を連れてきて然るべきじゃないのかシェー
クスピア・シアター様よう!でもこのシリーズ最早第三弾。一弾二弾は出来がよ
かったのだろうか?すこし気になるところではある。もうひとつの大きな問題点
は衣装、小道具に一貫性を感じられない点だ。(装置は団体のポリシーで作ん
ないんだと。ふーん)最初男性役がこぞって黒いスーツを着てるので、「ああ、
ピーターブルックぽくスタイリッシュに行くかんじなのかー」とか思っていたが、
武器に小道具屋で借りてきたようなダッセぇスウォードを持ってきた時点から
怪しくなって行き、じゃ戦争すっかーみたいな場面でフツーに衣装屋で借りて
きたようなダッセぇ鎧着始めた。しかも背広メンと鎧メンが混在。味噌とクソが
混在だよ出口くーん!なんのこだわりも思い入れも戦略も意図も感じられない
よ出口くーん!スーツに革の金貨in巾着財布じゃシワが出来て仕方がないよ
出口くーん!吐き気がするよ出口くーん!あ、いけね、先生ワシよりだいぶ年
上だ。訂正しますよ改めて出口さまー!そしてなによりゲンナリするのはケッ
コーケッコーどいつもこいつもサイズが合ってないことだ。高校演劇じゃなく、
結構な額のチケット代とって、しかも文科省から「トップレベルの舞台芸術創造
事業」として補助金貰って作ってるお芝居で、当然ちゃんと衣装さんもクレジット
されてるのに、衣装のサイズがあってないってどういうことだよ上地さーん!出
てこいよ上地さーん!オマエら洋服ナメてんだろ!?もうオマイラ洋服なんか着な
くてイイよ!冗談を抜きにして言えば、女性が、男性向けの背広を着るときにど
ういうことが起こるかと言うことに対して、検証がされてない。それは物がどうと
かと言うことだけでなく、どのように達振る舞えばらしく見えるかどうかということ
も含めてである。まぁひとつめの問題からくる「そこの差異にこの作品が何を求
めているのか?」というテーマ抜きに検証もなにもないと思うんですがね出口さ
ま。鎧に関してはもう金返せ以外の言葉は見つからない。なんでスーツ一丁で
押し切ろうと思わなかったんだろう?役者の体さばきが悪かったから?わから
んではないけど、解決してなかったね。ちなみに女性役は超絶無難な白いワン
ピ風のものをお召しになっていた。フツー。
この二点は明らかなこの芝居の欠陥だと思う。出口様はそこいらの馬の骨では
なく、ウン十年も演出やってる一角の人物とお見受けするので、手抜いてんじゃ
ねぇの?と思っちゃうヨ?でも劇団には劇団の都合や制作の強気とかいろいろ
あったりして、主催といえど出口くんも自分の思い通りにできないところもあるか
もわからないので出口くん個人を攻撃せずに劇団に対して言おう、
コレ物凄くつまんないよー!

と。

リア王役残念。というのもお話を知っている方は判ると思うが、このお話、主役
のリア王は全編にわたり怒り憤り後悔し呻く訳なのだが、最初の30分くらいで、
この役者は手札を使い切ってしまったのだ。そしてそれが割とわかりやすくバレ
た。「…あー、この役者、この後2時間以上おんなじ調子で嘆き悲しんだり怒った
りすんだろうなー」と思ってから実際におんなじ調子で嘆き悲しんだり怒ったりす
る様を2時間以上眺める観客の退屈さよ!狂気に対する考察も足らんちゃう?
まぁ、そこは演出の意図かも知れない。でも、損するのは役者だなぁ。

道化役は圧倒的に暗い!もうなんだろう、リア王より暗い!音が暗い!道化っ
てなんだったっけと考えさせられる、現代社会と常識に一石を投じる問題演技!
ってそんなんなのか?暗いヒトしか出てこないド悲劇なんて、単調すぎてつまん
ないって、ウィリアム君も思ってると思うけどなー。

我らが白玉先生は、頑張って体をポリポリ掻き毟ったりメソメソしていたが、終始
床の近くで床ばっか見てた。…リノリウム、好きなの?泣きをいれると女性らしさ
が垣間見えたりするのだが、演出的に是か非か観客に開示されることはない。
ワシがシェークスピアの台詞の中で一番好きな台詞、「ここがどん底だと言える
うちはまだそこはどん底ではない…」は泣き散らかさないで欲しかった。や、個
人的欲求として。…含蓄あるよなぁ。

全体的に台詞がないときに演技がスカスカなのは仕様か?ならばもっとスピード
感だして押したほうが良いと思うが。いっそ朗読劇に…体力面とか女性の悪い面
ばかり目立ってしまっていたな。アンサンブルはとにかくしょっぱかった。君たち、
今度高校演劇の関東大会があるから観にいっておいで、死にたくなると思うヨ?

やぁ、兎にも角にもこれで4500円とか5000円とかはねぇよなぁ!奮起を期待
しときますけど。自分も気をつけよう。






にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-12-18 19:20 | 演劇

心霊写真とおくりものと戦力投入の弊害。   

2013年 09月 30日

コッチのはやりきった!
コッチのはこれからだ!

f0200141_241154.jpg


_ブログに載せようと楽屋で共演者の坊主頭を撮ったら心霊写真が撮れたので
ここに載せとく。やぁ、おばけ芝居をやるとこーゆーの出たりするんだよね。単に
スマホがイカれてるだけという噂もあるがどうなのか?

本日昼を持って個人的な楽日を迎えた私だ。コッチはコッチで夜のコンサートの準
備でおおわらわ。アッチはアッチで私が戻り次第通し稽古をするので迅速に戻っ
てこいとの催促。まぁさみしさを感じさせない忙しさを味わう贅沢という奴だ。そん
なことを考えながらシオシオ後片付けしていると育児嫁様からホッペチューを賜り
三文字ギャルズ(あ、一人四文字だ)からパンツのプレゼントを頂いた。キャッホー!
(なぜパンツを頂いたのかというと、私がアップ時にパンツの歌を散々ぱら歌って
いたから。なぜパンツの歌を散々ぱら歌っていたかというと10月の芝居の挿入歌
だから。なんでそんな歌が挿入歌なのか気になる方は是非10月下北沢劇小劇場
に足をお運び頂きたい。)うれしさとさみしさと離れ難さが一気に去来したが、稽古
場にも私を待ってる人がいる。しかも怒り狂いながら!トコトコと劇場を後にし稽古
場に向かう私だった。そして通しを含むハードな稽古を一心不乱にこなしたさ。

午前様で家に着き、這々の体でフロに浸かってふと気がついた。

「ふわ!、ウチのケロリン桶あの芝居に貸したまんまだ!」

うん、ビミョーに不便。でもしかたがない。どこでどのように使われているかは是非
劇場にてご確認頂きたい。私出てないけど。あ、私名義のチケットだと助かります。
うん。

グッタリだ!寝よう!

p.s. 東京上手いこと勝てて本当によかったなぁ。行きたかったなぁ。現地の方々
お疲れ様でした。


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-09-30 03:04 | 演劇

はじまった。   

2013年 09月 27日

初日御礼な芝居コチラ!
絶賛稽古中な芝居コチラ!

_新宿サンモールスタジオで行う芝居が今日なんとか初日を迎えた。いやぁ
毎度のコトながら壮絶な産みの苦しみを味わった。うへぇ!でも産んだ。個人
的にはなかなかキュートな芝居に仕上がったのではないかと思っている。しか
し客席から観てないので信憑性としてはどうだろう?うん、まぁ信じておくれよ、
悪いこた言わないよ。面白いかどうかは好みもあるからアレだけど、ポテンシャ
ルは高いと思うんだ。是非観てみて頂きたいなぁ。

毎回夥しい小道具を使って散らかし倒す私だが、今回は犬の奴のお気に入り
玩具まで投入した。(演出家にはナイショで) 犬も流石に「な、なぜそれを持っ
て行くのか!?」的な驚愕の眼差しで私を見つめていたが黙って私を送り出して
いた。すまぬ、犬。最新秘密兵器から犬の財産まで投入した芝居を是非ご堪能
あれ。(どこで使われるのか探してみるのもまた一興)チケットまだ全然ある。売
るほどある。ご連絡されたし。

てかブログ書く段になって稽古や楽屋の写真をまるで撮っていない私に気がつ
いたよ?バカ!バカ!ワスのバカ!明日は撮ろう。
あ、今日ご覧くだすった皆様、ありがとうございました。リピーター割もあるんで、
アレでしたら、また、是非。


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-09-27 02:05 | 演劇

秋の連続公演参加その2   

2013年 08月 28日

f0200141_1451296.jpg


_翻ってみると実に後悔の多い人生であった。や、まだ死なないけど。今後は少しでも
後悔の少ない人生にしたい。や、考えないという方向でなく。

9月、10月と続けてヨソんちの芝居に参加します。その2本目。椿組のたぶちまさひろ
さんが率いる新宿飛行団という団体の芝居。昭和臭プンプン漂うハートウォーミングな
作品(だと思ってます)飲み屋でアホほど持ち上げられてのオファーに即答しちゃいま
したYO!ネイティブ東京都民はおだてにからきし弱いんだぜ!てへへ。全く知らない
人だらけの現場で人見知り俳優の私としては甚だ不安だが誠心誠意を込めて面白い
芝居にしようと燃えているけどまだ稽古も始まっちゃいないぜ!でもチケットは売り始
めているぜ!売らないとアングラ劇団流に怒られるぜ!ひえええぇぇぇぇ…・。
チケットのご用命はここのコメント欄とか直接とか。お待ちしております。
よろしくおねがいいたします。


以下詳細
------------------------------------------------------------------------------------------------
新宿飛行団公演
屋上のレンジャー!

10/9(水)~14(月) 下北沢「劇」小劇場


デパートの屋上に遊戯施設
屋上遊園地
子供らを屋上で遊ばせて買い物
一億総中流時代
デパートの乱立、競争激化
閉店に追い込まれるデパート
顧客の獲得競争
生き残りを掛けた戦いが始まる!
「屋上のレンジャー!」
絶賛稽古中!! 

公演日程
10月 9日(水)☆19:00
10月10日(木)☆14:00
10月10日(木) 19:00
10月11日(金) 19:00
10月12日(土) 14:00
10月12日(土) 19:00
10月13日(日) 14:00
10月13日(日) 19:00
10月14日(月) 14:00
☆ 初日割引・平日昼割
前売3500 当日3800

出演!
丸山厚人
串田杢弥
白玉麻規子
井上昌徳
長田大史
五味良介
哀藤誠司

演出助手 千葉りか子
照明   沖野隆一
音響   青蔭佳代
振り付け スズキ拓郎
殺陣   栗原直樹
舞台部  國松卓
舞台監督 ジャック天野


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-08-28 15:13 | 演劇