<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

TPTの凋落ぶりに泣く。   

2013年 12月 25日

_20年来の友人が出てるんで、つまらないことは重々承知の上わざわざクリ
スマスイヴなんかに渋々森下に芝居を観に行く。そしてココで愚痴る。最近こ
んなんばっかやわぁ…。
しかし観に行った芝居は「つまらない」の域を超えた驚嘆の一作!TPTという
団体は私の知る限りではデヴィッドルボーなる外国人演出家を雇い、堤真一
だの木場勝己だの有名俳優をバシバシ使い朝倉セツの装置の元薄暗い芝
居をカッコつけて演る感じだったのだが、どうもそれは甚だしく過去の情報だっ
たらしい。ベニサンピットがつぶれたことにより凋落が始まったと聞く。替わり
に誂えた近泉ピットなる場所は、いってみたらただのオフィス跡地っぽい部屋。
壁も床も白く、以前使っていた蛍光灯やダクト跡なども取り除かれていない。
そしてなにより川っ縁にあるそこはハンパなく寒い!なのに上演中は音が演
出効果の妨げになるとかで暖房をカット…って殺す気か!!尋常ならざる寒
さも充分演出効果の妨げになっとるワイ!そんな何歩下がって見たところで
劇場とは呼べない空間に、大学の学園祭によくあるようなメイドバイゴミっぽ
いオブジェが鎮座していた。悲しいかな、今のTPTには、白い壁を黒く塗るこ
とすら出来ないようなのであった。あんなに薄暗い芝居が好きだったのにね。
この劇場で、このセットで、チケット代5000円取ろうっていうセンスがワンダー!
そしてパンフレットが有料!買わないとダブルキャストの内訳すらよく解らな
い!(そもそも役名もよくわからないし)ロビーと呼んでる建物のエレベーター
ホールぽい空間のそこかしこに「活動の為に募金ヨロシコ」的ポスターが没落
貴族ぽくて脱力。プライドが高いのか低いのかヨソのことを知らなすぎるのか。
…でもうまくいってるようだったら次から俺も募金募ろうっと!

中身は、最初の歌がヘコい時点で全て終わってる。あそこでもうちょっと踏ん
張ったらもう少しどうにかなったかもしれない。でも踏ん張らない。あーあ。
しかしこの作品に限らず言えること「翻訳物は(作品を大事にしようとする訳
者の仕事のせいで)必ず長い」という問題は、人ごとではない。テンポも悪く
単調なのも、役者のせいだけではないはずだ。演出家の工夫不足と言えば
それでおしまいだけど。エンジェルスインアメリカという、アメリカでは大変当
たった日本でもそこそこ有名な芝居。私もどこかで観たのか読んだのか話を
知っていた。でも、この芝居ではアメリカ感が無く、それが無いのでアメリカ人
特有の虚無感とかが絵に描いた餅。そうなるとこの本のメインテーマ台無し。
ひらたく言うとダメなロミジュリ観ちゃった時と同じダメダメ感。やろうと思った
ことが恐らく既に間違い。あわわわわ。ワークショップ→オーディションで決
まったらしいキャストは実力に大層バラツキがあり、うーん…5000円の芝居
のキャスティングじゃないよなぁという感想。でも嫁役の女優は可愛かった。
芝居がつまんないとき可愛い人きれいな人親しみやすそうな人が出てると
まだ救われる。その人の芝居の出来とはあまり関係なく…な。

芝居後後始末を終えたその友人(男)とクリスマスイヴだっつーのに両国ま
でトボトボ歩いてお相撲さん居酒屋みたいなところでクダをまく。そこでTPT
内部の問題点とかいろいろ愚痴られたけどココには書かない。まぁ、どこに
もイロイロありますわなぁ。せめて友人のパートだけでもよくなるよう感想な
りダメなりを話す。きっと今日の公演は昨日よりマシに違いない。以上!!



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-12-25 21:18 | 演劇

ええじゃないか!(修正版)   

2013年 12月 23日

_「練習場に骨の折れる音が響き渡った」というゴラッソの記事を読んだときは
どんなキャリアの終焉だよルーカスと思ったのと同時に準々決勝突破がかなり
困難になったなと思ってしまった。ルーカスが出場しないということもそうだが、
前にも書いた通り東京は「OOの為に!」的プレッシャーに弱いチームだからだ。
そして為なるOOが多すぎる!平松!お祓いしろ!

でも、勝った。わーい。

やぁやぁ、ええじゃないか!観てないんですけれども勝ったのだからええじゃな
いか!いきなりの失点だったらしいけれどもええじゃないか!その後塩田が気
を吐いたのだからええじゃないか!誰のコメント読んでも仙台のほうが良さげ
なかんじだったっぽいけどええじゃないか!千真は相変わらず持ってなさげだ
がええじゃないか!林が持ってるからええじゃないか!ええじゃないかええじゃ
ないか!ええじゃないかええじゃないか!ぇぇじゃないかぇぇじゃないか…ぇぇ
…ぇぇ…(踊りながらフェイドアウト)

次は広島とだが負ける気がしない。なぜなら国立だけどアウェイだから。
(だとばかり思っていたが勘違いでホーム側…か、勝てるかな…)
…で、で、向こうの山でマリノスに川崎が5-0とかで勝っといてくれてればやはり
決勝でも負ける気がしないよウッシッシ…とか思ってたらフツーに川崎鳥栖に負
けとる!そうか…向こうの山はマリノスか鳥栖か…。ま、ま、ま、まずはリーグ覇
者倒す。現地まで行かれた皆様お疲れ様でございました。

そしてモニワくん、ピンクの血が流れてるらしいけどそいつは恐らくヘモグロビン
が足りてないんじゃないか?釘なめとけよ。そして南方に就職するらしいな、湘
南ボーイにはピッタリな就職先じゃないか、頑張れよーい。


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-12-23 02:02 | FC東京

ぐったりリア王。   

2013年 12月 18日

_今年は演劇関係の知り合いがケッコー増えた一年であった。それは有り難い
ことでもあるが例に漏れず「つきあい」が増えることをも意味する。そんなこんな
でこないだの芝居の白玉様がお出になっておられるリア王を観に俳優座へ。
恐らくウン十年振りに訪れた俳優座劇場は子細変わらずただただ古びていた。
良い感じ。いつかは自分の劇団で使わせて頂きたいものだが高いのかなぁ?
で、芝居だが、結論から言うとヒデェ代物だ。お金払ったから遠慮無く言うけど。
シィクスピア・シアターなる劇団はシェークスピアの作品ばかり延々やり続けて
早ウン十年という劇団で、主催の出口典雄はひとりでシェークスピア全作品を
演出した数少ないお方らしいのだが、ぶっちゃけもう飽きてるんじゃないかっつー
淡泊さ。演出上(企画上?)の大きな問題は二点。ひとつは「女性達のシェーク
スピア」と銘打って、実際キャスト全員女性なのだが、まるで意味が無い!
意図がない。女性にしたからなんぞ変化したとか、女性特有の情念だの何だの
がリア王に別の解釈をもたらしたとか、そーゆーの、まるでない。なんのひねり
もなく、女優が男のフリをするだけ。ダメ宝塚。なら宝塚観ようよ!って感じだ。
やりたかった事に対して役者が小粒すぎたのか?しかしそんなことは稽古初旬
で痛感しただろうから次の手打とうよ!?ワンアイディアで無理クリ乗り切ろうとす
んなよポッと出の若手じゃ無いんだから出口先生よう!てか女性達のシェーク
スピアていうのなら当然女性の演出家を連れてきて然るべきじゃないのかシェー
クスピア・シアター様よう!でもこのシリーズ最早第三弾。一弾二弾は出来がよ
かったのだろうか?すこし気になるところではある。もうひとつの大きな問題点
は衣装、小道具に一貫性を感じられない点だ。(装置は団体のポリシーで作ん
ないんだと。ふーん)最初男性役がこぞって黒いスーツを着てるので、「ああ、
ピーターブルックぽくスタイリッシュに行くかんじなのかー」とか思っていたが、
武器に小道具屋で借りてきたようなダッセぇスウォードを持ってきた時点から
怪しくなって行き、じゃ戦争すっかーみたいな場面でフツーに衣装屋で借りて
きたようなダッセぇ鎧着始めた。しかも背広メンと鎧メンが混在。味噌とクソが
混在だよ出口くーん!なんのこだわりも思い入れも戦略も意図も感じられない
よ出口くーん!スーツに革の金貨in巾着財布じゃシワが出来て仕方がないよ
出口くーん!吐き気がするよ出口くーん!あ、いけね、先生ワシよりだいぶ年
上だ。訂正しますよ改めて出口さまー!そしてなによりゲンナリするのはケッ
コーケッコーどいつもこいつもサイズが合ってないことだ。高校演劇じゃなく、
結構な額のチケット代とって、しかも文科省から「トップレベルの舞台芸術創造
事業」として補助金貰って作ってるお芝居で、当然ちゃんと衣装さんもクレジット
されてるのに、衣装のサイズがあってないってどういうことだよ上地さーん!出
てこいよ上地さーん!オマエら洋服ナメてんだろ!?もうオマイラ洋服なんか着な
くてイイよ!冗談を抜きにして言えば、女性が、男性向けの背広を着るときにど
ういうことが起こるかと言うことに対して、検証がされてない。それは物がどうと
かと言うことだけでなく、どのように達振る舞えばらしく見えるかどうかということ
も含めてである。まぁひとつめの問題からくる「そこの差異にこの作品が何を求
めているのか?」というテーマ抜きに検証もなにもないと思うんですがね出口さ
ま。鎧に関してはもう金返せ以外の言葉は見つからない。なんでスーツ一丁で
押し切ろうと思わなかったんだろう?役者の体さばきが悪かったから?わから
んではないけど、解決してなかったね。ちなみに女性役は超絶無難な白いワン
ピ風のものをお召しになっていた。フツー。
この二点は明らかなこの芝居の欠陥だと思う。出口様はそこいらの馬の骨では
なく、ウン十年も演出やってる一角の人物とお見受けするので、手抜いてんじゃ
ねぇの?と思っちゃうヨ?でも劇団には劇団の都合や制作の強気とかいろいろ
あったりして、主催といえど出口くんも自分の思い通りにできないところもあるか
もわからないので出口くん個人を攻撃せずに劇団に対して言おう、
コレ物凄くつまんないよー!

と。

リア王役残念。というのもお話を知っている方は判ると思うが、このお話、主役
のリア王は全編にわたり怒り憤り後悔し呻く訳なのだが、最初の30分くらいで、
この役者は手札を使い切ってしまったのだ。そしてそれが割とわかりやすくバレ
た。「…あー、この役者、この後2時間以上おんなじ調子で嘆き悲しんだり怒った
りすんだろうなー」と思ってから実際におんなじ調子で嘆き悲しんだり怒ったりす
る様を2時間以上眺める観客の退屈さよ!狂気に対する考察も足らんちゃう?
まぁ、そこは演出の意図かも知れない。でも、損するのは役者だなぁ。

道化役は圧倒的に暗い!もうなんだろう、リア王より暗い!音が暗い!道化っ
てなんだったっけと考えさせられる、現代社会と常識に一石を投じる問題演技!
ってそんなんなのか?暗いヒトしか出てこないド悲劇なんて、単調すぎてつまん
ないって、ウィリアム君も思ってると思うけどなー。

我らが白玉先生は、頑張って体をポリポリ掻き毟ったりメソメソしていたが、終始
床の近くで床ばっか見てた。…リノリウム、好きなの?泣きをいれると女性らしさ
が垣間見えたりするのだが、演出的に是か非か観客に開示されることはない。
ワシがシェークスピアの台詞の中で一番好きな台詞、「ここがどん底だと言える
うちはまだそこはどん底ではない…」は泣き散らかさないで欲しかった。や、個
人的欲求として。…含蓄あるよなぁ。

全体的に台詞がないときに演技がスカスカなのは仕様か?ならばもっとスピード
感だして押したほうが良いと思うが。いっそ朗読劇に…体力面とか女性の悪い面
ばかり目立ってしまっていたな。アンサンブルはとにかくしょっぱかった。君たち、
今度高校演劇の関東大会があるから観にいっておいで、死にたくなると思うヨ?

やぁ、兎にも角にもこれで4500円とか5000円とかはねぇよなぁ!奮起を期待
しときますけど。自分も気をつけよう。






にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-12-18 19:20 | 演劇

ルーカスが締めくくる2013年リーグ戦。   

2013年 12月 11日

f0200141_1835184.jpg


_仙台戦。FC東京というチームは、「OOの為に!」的なシチュエーションでの
勝率は驚くほどに低い。空回るのか力むのか。らしいといえばらしいのだが。
例外はそのOO本人が頑張ったときである。今回もそう。
試合前ポポピンバッジを購入しようか検討してたら嫁にこっぴどく窘められた…。
オブリガード抽選会は例年はユニなのに今回はTシャツ。なのに枚数据え置き
ってショボくね?や、例年はH&Aあった気がするので半分か?著しくショボく
ね?…財政難なのだろうか?者共なんぞ買え!
で、試合。仙台の皆さんは特に順位的にもアレなのにぎょうさん来てくだすって
いた。ありがたし。前回の体たらくから権田に替え塩田。別段驚きも無く迎えら
れ塩田も淡々と守っておった。年の功?ファインセーブも淡々。セットプレーの
ポスト蹴りで「あぁ、塩田だなぁ」とひとりごちる。てか前半はピンチ多め。ヒトに
言わすとあの手頃なピンチの連続が塩田をノセたのではないかと。なるほど。
相変わらず千真が驚くほどに持ってない。驚くほどに持ってないと思わせるほ
どに、あと一歩の所にはいるのにな。ことごとくアレ。ぬぅ。後半、徐々にルーカ
ス大作戦の様相を呈し始めて「わぁ、大丈夫かなぁ…」と思っていたら3チャンス
目くらいでビチっと決めよった。持ってる!ルーカス持ってる!千真、触っとけ!
あの一点で、仙台の選手が目に見えてガックリきてた。おそらく自分等が噛ま
せ犬だと気付いちゃったのだろう。ヤだよね、噛ませ犬ってさ。その後交代して
出てきた平山がロスタイムにビチっと決めてダメ押し。持ってる!平山持って
る!千真、触っとけ!…あ、交代してた。
試合後ヒーローインタビューでルーカスが「後でまた話すんで今は…」みたい
なことを言ってたのでじゃあ平山に喋らせてやれいと思った。もしくは塩田。

セレモニーでのルーカス映像には涙を禁じ得なかった。しかし個人的には長ら
くゴールを決められず小平にて死んだ魚のような目をしてダイジョウブダイジョ
ウブと言っていたまるで大丈夫じゃ無いルーカスの映像なども挟んで欲しかっ
た。脳震盪起こしてぶっ倒れてるルーカスと心配そうな松田とピカピカの救急
車とかもな。あぁ懐かしい。なにもかもが懐かしい…ガクッ(沖田艦長、死亡)
2014年親善大使に任命されたので来年は一時期のアマみたいにチョコチョコ
顔を出すのであろう。すこしさみしさが紛れますね。そして本当に困ったらまた
泣きつく算段であろう。本当に困ったことにならないことを切に望むがな。
取って付けたようなネマのお話もまた良かった。恐らく東京最高の助っ人外国
人選手ではないか?他の外国人選手は良くも悪くも助っ人感が無かったもの
な…日本に残れるのかヨソの国にいくのか…ネマの行く道に幸あれ!

まだ天皇杯がある。また仙台とやる。観には行けぬ。是非勝って帰って来て欲
しい。待ってるぜ!


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-12-11 19:10 | FC東京

かませ犬か?(加筆修正版)   

2013年 12月 07日

f0200141_12341892.jpg


柏戦。今年のラッキーアイテムである不味いターキーを食して挑んだがあの有様。
しょぼん。柏の皆様を喜ばす為に呼ばれたのか?アゴアシコッチ持ちで。
主審の広瀬氏には自信を持ってこう言いたい。「オマエの母ちゃんデベソ!」と。
せいぜいヘルニアには充分お気をつけになって親孝行に励むことだ。
あまり権田のことを悪く書くとまたコメント欄で権田のコト嫌いなのかと尋ねられ自
問自答の日々を過ごすと思うと憂鬱なのでアレだけども、あの三点目で心がポキ
ポキになった。思い返せばあんなにポキポキになったのは実に高校生の時以来
だ。もはや新鮮。ナオの怪我を省みない得点で正気に返ったけれども。てかナオは
いい加減怪我は省みたほうがよい。十数分観客としてサッカー観ちゃったヨ?4点
目は敵ながらゴラッソだったように思う。柏の皆さんも3点目までは微妙な気持ち
だったのか四点目の喜びようがハンパなかった。判ります。ええ、判りますとも。
最終節じゃなくてホントよかったよ。千葉残留介助の時みたいな気持ちになるトコ
でしたヨ。帰り道しんどかった…ヨボヨボ。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-12-07 12:33 | FC東京