<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

(うしげんさんに捧ぐ)ホーリツで決まるから?   

2013年 06月 14日

_(だって毎日うしげんさんが方々からそんなツィート集めてるから…)
思いがけない一撃を喰らい、寂しさに打ちのめされて、悪いことばかり気になり、
崩れてしまいそうなとき、ムリヤリ笑いながらチューインガムを噛もうと思ったが
手元にないのでウォークマンにてキヨシローの「水の泡」を聞いた。メロウ!激
烈メロウ!鮮烈メロウ!もう一秒だってこの場にいたくない!ああぁもう死ぬ!
ギャー!…それはそれとして、芸術はいいね。人間が人間たる指針として輝く
無数の光っすよ。無慈悲な現実世界において人が精神を病まずに暮らすため
の数少ない糧っすよ。作品によって人の心が動かされることは掛け値なしに素
晴らしいことっす。たとえそれがどの方向に動かされようとも!

ハイ、児童ポルノなんとか法の話です。まず最大級に腹が立つことはポルノグラ
フィは芸術でないと判断しているようにとれる点だ!芸術からわいせつをスポイル
しようとする宦官みたいな勢力!人の心を動かす原始的な芸術に、エロスとタナト
スはほぼほぼ不可避でしょうよ?人は必ず、生まれてきて欲情してそして死んで
ゆくんだよ?それを予習したいのは本能だ。人間が人間の本能に働きかけること
それ自体が罪!そしてそれをたまたま持ってても罪!って、とても霊長類の社会
として胸を張れるものではありませんな。しかも自由民主主義?笑わせますな。
そしてハッキリさせときたいのは ポルノと性犯罪は別!ゲームと暴力犯罪も別!
ヤクザ映画とヤクザも別!年寄りはそこらへんのカテゴライズが雑いんだよ!ポ
ルノ好きがみんなレイパーならどの国が少子化するかって話ですよ!むしろポル
ノ好きがセックスレスなのが問題なんでしょうが…む?そこがこの法律の裏目的?
話を児童ポルノに戻すが、児童ポルノ写真が被写体である児童の人権を侵害す
るのでいかんという話は理解できる。未成年という生き物は人権は一人前だが判
断力はほぼ皆無という厄介なものだからね。しかし、だからこそ代換としての絵や
らアニメやらをこさえているのにそれをも否定するのはなんでだ?マネするから?
するかー!そしてさせるなー!
その行為を制御するのは法でなくて道徳ですよ?犬みたいに恐怖だけで縛んない
でくださいよ僕等奴隷とかじゃないんで。たぶんアレでしょ?クールジャパンとして
海外にアニメ売り出すときにそこらへんの法整備しとかないと白人宦官にグチグチ
いわれるからとかのTPP的なアレでしょ?でもどのみち宦官仕様にしたら売れるも
のも売れないぜ?微乳のAV女優だって問題になってたけど。蛮族相手の商売は
骨が折れますな。それに見合った実入りはあるのかな?

ちなみに私自身はこの法案に対してなんの懸念も感じていない。守んないから。
昔アナキストだった私は法律なるものなんて全く尊重しちゃいない。だって法律な
んてマイノリティを後ろめたさ無しに虐める為の装置にすぎないからね?そしてこ
の自分達で思っているよりずっとずっとバカで無能で恥知らずの恩知らずな人類
とかいう生き物の多数派が正しいなんてどう寝ぼけたら信じることができるんだ?
しかも芸術活動が合法な時期なんて、人類史の中では極々まれだ。権力者に擦
り寄る以外は命がけ。焚書なんて始皇帝もモリモリやってたしね。みんな地下に
潜ればいいんです。ジャンプもジブリもアングラ化、ハラショーです。好きに芸術活
動して、好きにとっ捕まって、好きにいじめられて、好きにしょんぼりするだけっす。
そして好きにみじめな野垂れ死にをするだけっす。ナッシングゴナチェンジマイワー
ルドっす。アクロスザユニバースっす。ジョンっす。ハッピリーウィズアウォームガ
ンっす。ズドン!ギャー!!死にたくない!ズドン!ギャー!!

眠い!眠すぎる!もう寝る!



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-06-14 16:38 | 文化芸能娯楽系

ハッピードリーム顛末記 その2   

2013年 06月 12日

f0200141_15464219.jpg



その1はコチラ
_中断期間中にやっつけてしまえネタシリーズ。
朝もはよから嫁と二人で小平に赴くと、ハッピードリーム小机が用意されており、そこで
受け付ける感じになっていた。記者体験として受け付けるとIDパス、ノート、練習試合の
選手表などをくれた。同伴者にはとくになし。てか同伴者は「イベントの最中ブラブラ出来
る範囲でブラブラしてても良い権利」が与えられているようで、それは同伴者じゃなくても
与えられているような気がせんでもなかった。集合時間に現れたのは我等がワッショイ後
藤さん。ライターとして取材の心得などをレクチャーしてくれた。後藤さんとはリブリでいろ
いろお世話になったりして顔見知りではあるのだが、この身に受けた「二年会ってない人
はほぼ他人」という人見知りの呪いの為にモジモジしている私を後藤さんはその場はそっ
としといてくだすって、後で折を見てそーっと話しかけてくだすった。ありがたし。やさしい
方だなぁ!後藤さんって人は!ワッショイワッショイ!ちなみに同じくリブリでよろしくしてい
ただいたJ’sGOALなどでおなじみの馬場さんもお見かけしたが、「あ、俺愛読書LEONっ
す!」的ないかちーオシャレさんに変貌しておられ、人見知り絶賛発動中の私には逆立ち
しても声をかける事は難しいなぁと感じた。幸か不幸かこちらにはまるで気がつかなかっ
たので(お忙しそうだったので)そんな心配は杞憂に終わった。ふぅ。
記者体験は大きく2つのフェイズに分けられる。1つ目が練習試合の取材、そしてもうひと
つが試合後の選手インタビューだ。練習試合なんかフツーにいつでも見れるじゃんと思っ
たらさにあらず、記者はネットの中に入れるのだ。ただなにせネットの中なので飛んでくる
ボールには気をつけなくてはならない。特にカメラを構えているときは要注意だと後藤さん
は教えてくれた。我々はコーナー付近に腰を下ろし取材を開始した。
で、試合。まず気になったのが、副審の尻ポケが四角く膨らんでいたことだ。(写真参照)
なんだろう?カード…ではないだろう。財布か?小平の審判に与えられた更衣室はセキュ
リティの面で財布を携帯せずにはいられないレベルなのか?貴重品ロッカーとかないの
か?それともこの副審が心配性なだけなのか?もしくは試合後着替える前になにかしら
の支払いが迫っているのか?謎は深まるばかりだが、審判にインタビューする時間は一
秒も設けられていなかったので未解決だ。しかしこの距離だから気になる事柄だ。前後半
一人ずつ”練習生”が混ざっていたのだが、塩田は特にこの練習生に対して親切だった。
他の選手に対してのコーチングが「タクミ準備ー!」とか「フタしろフター!」とか短い文章
の体言止めであるのに、練習生に対しては「そこで二人ともいっちゃうとケアできなくなる
から、どっちか残るようにしてー」など、ともすると一息では言えないような長いセンテンス
で判りやすく説明していた。性格でるなぁ。時折不意に監督から「ブラーボ!ブラーボ!」
とお声が出るが、いったい何に対してブラーボなのか体験記者には皆目見当がつかない
ことが多かった。ピッチに近すぎるからかな?分からないといえば塩田の「タマー!呼ん
でこーい!」というコーチングも良く分からなかった。誰を?敵をつり出せってことなのかし
ら?むむぅ。
後半はエンドが変わって相手方(町田)のキーパーが近くに。この辺りから我々の真後ろ
にやってきたゆってぃとジョナサンがモショモショ喋っているのがジャマだった。…や、いい
意味で。というのも二人が当時上演していた大将の芝居がいかに面白いかという話をモ
ショるので、興味をそそられてしかたなかったのだ。「岩が…」「コント由来の…」「AKBでは
…」振り返って聞き返そうかと思った瞬間失点してた。あわわ。間の悪いことに横にいた後
藤さんも若干ウッカリしてたのか「いまシュート撃ったの何番でしたかね?」と聞かれ「や、
見れてません!」と答えざるを得ず、二人への憎しみがいや増した。…や、いい意味で。
後半に出てきた町田のGKがコーチングの多い選手で(途中交代だからか?)ピンチ時で
もギリギリまでコーチングしてるもんだから「○○!そこケア!そこケア!釣られんな釣られ
ドラー!」てな感じでキャッチングしてんのが勇ましかった。
結果は2-2。全部向こうのエンドでのゴールで体験記者的には若干ションボリだった。
そして選手が上がってくるのを待ってインタビューなのだがその様子はまた次回。





にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-06-12 16:57 | FC東京

chi taさんやめてください…な夢。   

2013年 06月 06日

_唐突で恐縮だが夢を見た。
夢の中で私は相当ビリヤードにハマっているようだった。仕事の前後(恐らく夕と朝)
にビリヤード場に行き(下北沢の線路っぱたにあったような古めかしいところだった)
ストイックにバンバン球突いて帰る生活を送っているようだった。で、そのビリヤード
場には同じようにストイックな生活を送っている同志的な方々が結構いた。そしてそ
のほとんどがサラリーマン風の人々だったのだが、その中に東京サポのchi taさんが
混ざっていた。台が少ないこともあり同志は無言で一台あたり3~4人入れ替わり立ち
替わり打ってゆくのだが、chi taさんはなぜだか真顔で球の中に生卵を混ぜてゆくの
だった。「…あぁ、もう、ジャマだなぁ!」とは思うもののなにせchi taさんは真顔
でしかも一点の曇りもない瞳で無心に球を突いているので指摘もできず、ストイックな
ハスラー的には疑問に思う時間ももったいないので、こちらも無心に発見した卵を床に
投げ捨てながら無心に球を突き続けた。無言ローテーションでchi taさんと組むとき
だけ卵が現れた。どんどん床に捨ててどんどん突いて突いて突いて突いたところで目が
覚めた。目が覚めて思ったことは「よく店の人怒んなかったなぁ、床ヌルヌルなのに…」

そういやchi taさんに随分あってない気がする。元気なのはよく知ってるけど。



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-06-06 03:49 | ビックリするほどどーでもいい事

ハッピードリーム顛末記 その1   

2013年 06月 03日

f0200141_1940408.jpg


_中断期間中にやっつけてしまえネタシリーズ。
私が東京に金を費やす動機は二つある。一つはもちろん自分が使いたいとき。もう一つは
東京がムチャな集金企画などを企てて「ぬ!イカン!こんなの売れる訳がない!このまま
では東京が恥をかく!
」というときだ。例えば、平山入団時の例のハンカチとか、初回のソ
ウル遠征とか、梶山の泥棒にしか見えない写真の下敷きとか。私の東京への愛はもはや
母性に近いものになりつつあるので、東京があまりにムチャなことしでかすとみんなから笑
われたりしないか不安でたまらなくなるのだ。で、少しでも体裁が整うよう尽力せざるを得
なくなる。で、今年突如として現れた「ハッピードリームキット」…。フェスティバルの時の売
れ残りグッズと、小学生がお父さんにあげる「肩叩き券」みたいな奴の抽選権利(!)でお
値段5000円… な、なかなかにエグいぜ!売れる匂いが全くしねぇ!忠成か?忠成の為
に金が必要なのか?しかし… ここで私は気がついた。物品そのものは売れ残ってもさし
たる恥にはならない。しかし、イベント企画を組んであまつさえそれをTVで放映しようとし
ているのである。ひとが集まらずにショボイ感じのイベントが日本中に放映されたら…私は
なけなしの5000円を握り締めて駆け出した。そしてBBをはじめ知り合いに行く先々で事
情を説明し購入を進めた。
イベント参加企画はざっくり10種類くらいあり、大きく2つに分けられる。つまり運動系と非
運動系だ。運動系はお子ならば泣いて喜びそうな企画が多いが5000円じゃお子には手
が出ない。5000円をポンと出すご年配にはほぼほぼ罰ゲームだ。キーパートレーニング
なぞキツイトレーニングの最中終始権田や塩田にアホほど怒鳴られどんなブートキャンプ
だよと涙目になるのが容易に想像できるし、FKに合わせられる権なぞ10本蹴ってくれても
1本も自分の所に飛ばず、平山あたりから「飛んでこないのにがんばんなきゃいけないの
がFKってもんス」とかしたり顔で説明受けるだけで5000円とかになりそうでホント怖い。
非運動系も地雷が多そうで、選手に人生相談できる権などは、やはりサッカー選手を目指
すお子などは良いかもしれないが、アラフォーである私の相談を、米本なんかがどうあし
らうのか…「あ、やったほうがいいス。どんどんやったらいいス。あーもーバーンとやったら
いいッスよ!
」…新宿の母は3000円でもちっとマシな回答するからね?阿久根社長にコー
チング指導を受ける権って…あの人野球畑出身じゃねーか!?「キッカービビッてる!ヘイ
ヘイヘイ!
」とか言わされんのか?言わされませんよね?流石に。想像するだにナイトメ
アー感ありありだ。ハッピードリームキットとはよう名づけたものだね?購入直後にどの企
画に応募するのか決めなくてはならないので、(その時点で企画はどれも具体性が記載
されてなくフワッフワだったが)とりあえず自分にとって一番無難な記者体験権に応募する
ことにした。果たして私も私の周りの人々も大体全員当選した。ただひとりマボスさんを
除いては…。東京よ、どんだけ厳選な抽選か知らないが、あんだけ東京を無条件で愛し
てやまないマボスさんを外すとは何事だ?え、安全性を考慮?…まぁ、抽選だもんね。
とりあえず東京の体裁を守るという私の望みは達せられた訳だ。よかったよかった。その
後当選者ですと名乗り出て書類をもらい、書類に書いてあるアドレスにメールを送り、メー
ルを送ったのにメールでは返事をくれずケッコー放置されてからいつもの水色の封筒で重
要書類が届き、当日勇んで現地に赴いた訳だがその様子はまた次回。




にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-06-03 20:41 | FC東京