<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

that's弱者のメンタリティ。   

2013年 05月 29日

f0200141_19431961.jpg


_鹿島戦。仕事で徹夜明けの中愛車を飛ばして着いたよ鹿島。眠いよ?くたびれているよ?
でも東京のステキなサッカーが見られるなら軽いもんだよ?鹿島はまたぞろ客が減っている
印象。実際のところは調べてないし調べる気も起きないのでアレですけど。大きい布を次から
次へと天日干しなすっていた。久々の晴れの日なのかしら。
で、試合。前半はダヴィをイライラさせて抑える作戦(?)がうまくハマってゼロ封。そして遠く
てよくわかんなかったけどビチっと忠成と千真が決めて0-2とし、「おやおやこのままだとウッ
カリバカ勝ちしちゃうんじゃないの?」的展開となった。しかし後半、ポロっと一点取られると事
態は急変。途端にいつものバタバタオロオロ劇場が開幕される。今回すげーなぁと思ったの
が、実に30分以上もバタバタオロオロし続けたことだ。フツー落ち着くでしょ?もちっと早く。
逆に驚嘆の精神力!飽きないのか?バタバタオロオロが好きなのか?好きなのか!?負ける
のが!!正に弱者のメンタリティ!好きならば好きなだけやるがいい。しかたがない、つきあおう。
しかし、好きじゃないのならキチンと考えるべきだ。ヒドいから!試合後のコメント見ると「誰かが
誰かのせいにした」臭と「全て自分のせいにしといた」臭がひどい。現実を見据えて、選手間で
よく話し合ったらいいじゃないのか?昔それで改善したろ?草民を責めるには値しない。なぜな
ら彼はあーだから。良くも悪くも空気変える選手じゃないし、出来不出来はバクチみたいな現状
だ。じゃあ草民出した監督を責める?短期的には責められないよなぁ。控え見て、じゃあ誰なら
空気変わるの?て言われたら……塩田?でもキーパー交代は話がデカすぎる…つまるところ
控えの駒不足。石川の怪我が悔やまれる。あ、あと羽生放出?いまさらですな。交代のタイミ
ングが遅いって言われても、まさかあんなに長いことバタバタオロオロするとは思わなんだろう
し…思っとくのが監督か?しかしなぁ。選手を信じたい気持ちもあるだろうしなぁ。
米本は前半から驚異的ながんばりを見せていた。逆に言うと前半あんなに米本を酷使しちゃ
チームとしてややダメじゃね?代わりがいるでなし。ただ「アウェイの空気に押された」てのは納
得できぬ。あんなんで押されてたらJ1ではやってゆけぬ。たとえ我々がどんだけ応援サボって
たとしても、だ!
2-3になったらもうお決まりのアレ。1点差でノラクラやらせたら鹿島の右にでる者はそういない。
逆にあの鹿島から再逆転できたら優勝も見えてこよう。湘南相手にすらできなかったことをね。
最低な気持ちで中断突入。そして去年の中断明けの体たらくを思い出すと一層暗い気持ちにな
る。どうかこの時間を有益に使ってほしいdeathよ。…東が代表?ふーん。


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-05-29 20:47 | FC東京

林の受難。   

2013年 05月 21日

f0200141_21105519.jpg


_清水戦。せっかくのトーマス様デーということだったが、動員はイマイチ振るわず。清
水の皆様はケッコー来てくだすっていたのになぁ。…天気か?前節のアレか?あーゆー
コトがあったら、むしろより一層応援しようと思うのが心意気ってものじゃないのか?昭
和センスか?こーゆーの。まぁいいが。仕事明けで疲れて試合前寝こけてしまい、チア
の皆さんが来て帰ったことを試合後のダイジェストで知った。すまぬチアの方々。
で、試合。前節結果の研究からか清水はガツガツプレスに来ていた。しかし我が軍も
そんな2試合続けてホイホイやられるほどカンタンなチームではないのでいなす。結果
つまんなくはないがお互いシュートチャンスの少ない拮抗した展開に。バック側の副審
のガラクタぶりばかりが目立った。アイツなんにも見えてねぇ。ボールもオフサイドもハ
ンドもファールもなにもかも、だ。給料泥ボーめ!でも公平にどっちのもまるで見えてな
かったので犬にでも噛まれたと思って諦める。にゃふん。
後半先に清水の体力が尽きてきたので徐々に押す展開に。で、例のアレ。アレは一体
どういうことだったんだろう?さして早くもないシュートは林(清水)の手に収まったよう
に見えたのだが…少なくとも触ってはいたようなのだが…結果林(清水)がスルーして
ボールはゴールに転がっていった。…高橋(とそのスパイク担当者)の怨念の成果なの
だろうか?試合後の高橋のコメント「あのゴールは全ての選手、スタッフや関係者みん
なで入れたゴールです」的発言もちょっと呪術ぽい響きを感じないでもない。あるいは
高橋のひたむきさとかにやられて林(清水)の涙腺がゆるくなっちゃった結果ボールが
よく見えなかったのか。兎にも角にも価千金のゴールには違いなかった。これにより清
水は一層バタバタし始める。で、例のアレその2。あれに関してはもう完全に林(清水)
が呪われたとしかいいようがない。誰に?高橋(とか)に。ルーカスに呪いが飛び火し
てないかだけが心配だ。ともかくこれで2点。てか後半始まってから15分くらいまでに
トタタと2点獲る展開、多いよね最近。しかし前節で懲りたのか攻めながらのクロージ
ングが徹底されていたように見えた。清水が交代させるのに呼応してフレッシュな人
材を投入、先発の選手も中二日を感じさせない運動量でキチっと試合を決定付けた。
最後の五分くらい林(東京)大作戦の様相を呈していて、ホイホイチャンスを作られて
は決められない林(東京)は若干可哀想ですらあった。でもチャンスはつかみ取らんと
若手としては!試合後林(清水)は力なく崩れ落ちていた。ヘコめ林(清水)。そしてベ
ソかいて言い訳せずに猛省してグローブ燃したりしたらきっと次節に得点できるさ。あ、
キーパーか…キーパーでもアシストくらいはできるさ。バレーは見た目さっぱり怖くな
かったが、ウチがきっちり押さえていたのかまだまだ本調子じゃないのか気になる所だ。
久々の完封勝利は実に気持ちが良いな。


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-05-21 23:09 | FC東京

試合に勝って勝負に負ける的な。   

2013年 05月 17日

f0200141_20361339.jpg


_ナビスコ新潟戦。さぼてん様が急に勝つサンドの発売開始時間とかお変えになり
やがるから大層焦ったが無事買えて国立へ。意外とsocio待機列が長くておののく。
カ、カタギじゃない人多いのな…。二十年前のチケット持ってきた人はどの位いたの
だろうか?開幕当初のボールがボロくてビックリ!新潟の人はまぁまぁ来てくだすっ
ていた。平日なのに…まぁ新幹線でスパンと来れるのでアウェイとしては来やすいほ
うか?
で、試合。前半に関して言えば、もっと試合に出れてなかった選手が頑張れても良
かったんじゃないかな?と思った。新潟が良かったのか?ビチビチプレスに来られて
ボール蹴ると強風でヘンなことになる展開多し。そしてシュートあまり撃たず。アーリ
アの負傷シーンも、さっさとシュート撃っとけば無かったんじゃないのか?てかアーリ
ア大丈夫か?後半はうって変わってバンバンシュート撃ってた。雑だけど。てかラグ
ビーだったら点入ってんのにな~的なクロスバー越え連発。でも撃ったほうが良い、
心情的にも。交代選手は「思い出作りか?」っつーくらい若手ばかりだった。でもそれ
が良かった。石川のゴールは素晴らしかった。もっと観たい。もっと観たいぞ直宏様よ!
三田のゴールに関しては、ゴールそのものよりも三田があのような感情表現をすると
想像していなかったのでそこが嬉しかった。や、ゴールも大変嬉しゅうございましたが
ね?相変わらずのポロっとした失点は課題ですな。遠くてよく見えなかったけれども。
忠成は良いシュートケッコー撃ってんのに…入んねーなぁ。入るといいなぁ。河野も
ハツラツとしててよかったなぁ。林は…すまん、よくわかんなかった。多分、良かった
んじゃないか?…すまん、テキトーで。

で、比較的気持ちよく勝利したが、上の二チームが危なげなく勝っちゃった為我々の
ナビスコ2013はこれにて終了。…東にPK蹴らせた奴が悪いと思います。
でも収穫も沢山あったしリーグに集中できるし…いいよね?いいよね?ダメ?ダメで
もトレインケプタローリンなんでそこんとこヨロシクです。
さて、明日は清水戦…天気は?てか今年週末ばっか天気悪くね?





にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-05-17 21:15 | FC東京

アウェイな結婚式に行く   

2013年 05月 15日

f0200141_1425176.jpg


_嫁の妹が嫁ぐというので結婚式に行く。義理の妹だからな。私はあまり結婚式には
縁が無かった。ずーっと貧乏なので、皆が気を遣って呼ばなかったのか単に皆から嫌
われているのかあるいはその両方か、でだ。あったり前の話だが義理の妹の結婚式
には知り合いがほぼいない。嫁と、嫁の両親くらい?あとは一度会ったことのある嫁
の親類の方々…人見知りには辛いロケーションだ。本人達がキリシタンかどうかは不
明だが、式は教会で行われた。私はキリシト教が苦手だ。「すべての人類には貸しが
ある。ま、すぐには取り立てないけど?」みたいな教義がとにかく気持ち悪い。極力そ
れが顔に出ないようにしようと中へ入る。と、アーリア人ぽい外国人神父がお出迎え。
無論カタコト。いきなり賛美歌歌えと強要されゲンナリさせられる。「おまえらアヴェマリ
アくらい知ってんだろ?歌え!」知ってたって練習もなしに歌えるか!?事前に招待状に
書いとけ!とか思ってたら参列者の中にケッコー上手い人がいてビックリ。キ、キリシ
タンだ、、嫁の親類の中にキリシタンがおる…。軽くショックを受けている間にも式は進
み誓いのシーン。でこチュー。「きさんら正気か!?中学生でもあるまいに教会来たら覚
悟ば決めてチューくらいバチっとせんかバチっとー!!」と叫ぼうとした刹那神父が「い
かな無知蒙昧なるおまいらでも、ヴェートーヴェン位は知ってんしょー第九歌えー」と
か言ってきやがりやがって「だから歌いたくねぇっていってんでしょうがてか親類頼まれ
てもいないのに勝手にハモんじゃありませんて!しかも上手ぇな!」と阿鼻叫喚。早速
アウェイの洗礼か?教会だけに。うまくもなし。
で、披露宴会場にトボトボ移動。嫁の両親と同じテーブル。こないだの芝居を観てくだ
すった両親は矢継ぎ早に芝居の核心に迫る質問を私に浴びせてきた。「そもそもなん
でガスマスクとかかぶっていたの?」「えーっと…その、かぶりたかったから?」助けて
くれ!嫁よ!嫁はシャンパンをクイクイ空けていた。シャンパンと言えば乾杯の音頭を
要請された会社員の方が乾杯もさせずに勝手にモチャモチャモチャモチャ喋くりだしや
がってしかもその話が革命的につまらなくてビックリした。ノーベルつまんない話賞に
是非ノミネートさせたいと嫁に言ったら「サラリーマンて大体あんなものよ?」と答えられ
た。果たして嫁の言は正しく、その後に続く新郎のトコの社長やら友人やら新婦同僚や
ら友人やらの話はおしなべて殺人的につまんなかった。サラリーマン恐るべし!何が
彼らをそうさせるのか!?満員電車か?夕刊フジか?…今時夕フジ読んでるサラリーマ
ンて希か?サラリーをもらう代償に何を彼らは捧げ、そしてああなるのだろうか?でも
サラリーは魅力だからな。そしてサラリーマンはその壊滅的につまんない話を楽しそう
に聞いていたので単にセンスの違いとか思っていたら横っちょの義理の父が超絶イラ
ついてたのでそうでも無いかと思ったがあれは単に乾杯待たされ過ぎたからだ。もし
かしたらたまたま話のつまらない人々が集う会社なのかもしれないな。ちなみにどの
くらいつまんないかを私の経験に照らして説明すると、風呂場で、風邪に気をつけな
がら、死んだナメクジをぼんやり2~3時間眺め続ける作業の50倍くらいつまんなかっ
た。ピンと来ない方は是非おためしあれ。その後サラリーマン達はディズニーランド好
きな両名の為に、耳なし法一の如く白い体中に寄せ書きをマジックでゴチャゴチャ書
かれたミッキー&ミニーをプレゼントしてたがみんな両名のことキライなのか?
悪いことばかり書いていると嫁に怒られるは必定なので良いことも箇条書きで

・料理おいしかった。
・ケーキおいしかった。
・食後のコーヒーとてもおいしかった。
・義父のスピーチが非常に簡潔で好感が持てた。さすが義父!我が義理の父!
・引き出物が郵送で、その日の夜届いた。すげー。
・プチギフトのチョコレートおいしかった。

そんなとこ?お二人の幸せな前途をお祈りせずにはいられない感じだ。幸あれ!


さ、そろそろ国立にいくかな?





にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-05-15 15:38 | 犬との生活+嫁

とりあえずそのよく滑る靴を燃せ!   

2013年 05月 12日

f0200141_1625733.jpg


_湘南戦。渋滞だのなんだので試合に間に合わず、到着したときには1点取られていた。
そしてそのまま前半終了、「まぁ、1点くらいならなんとかなるだろ?」とか思っていたらホン
トになんとかなって1-2と逆転。でも相手も「まぁ、1点くらいならなんとかなるだろ?」と思
われてたのかこちらのダメなところをビチっと突かれて再逆転。慌ててキョドって出来ろコト
も出来なくなってまんまと敗戦。ギャフン。ざっくり言うとこんなトコ。

私は元来ミスに甘い方だ。福島原発事故後の対応にミス?しょうがない、民主党に投票し
た国民のミスでしょ?もんじゅに設計ミス?あぁしょうがない、人間ミスはあるさ。人為ミス
で人類存亡の危機?ドンマイ、ほっといたってそのうち滅んでたさ。でも、
あれはないよな!
同じところで2回!大の大人が!コローンって!東京の優勝を固く信じる我々が、雨の中、
時間とサラリーを費やして、名前ばっかりカッコいいスタジアムに向かったのは、アレを目
撃する為だったのか!?そしてミスよりなお悪いのが、再逆転後すでに反省モードみたくなっ
ちゃってた点だ。よくある光景だけれども。そして毎回ムカっとするけれども。試合後にすぐ
泣けるのは、試合中すでにその事を考えていたからではないのか?ミスはミス、修正は修
正、そして反省は反省と、切り分けておいて欲しい。試合中必要なモノと試合後必要なモノ
は違うんじゃないのか?頭が良すぎることがプレーの障害になるのなら、ヘディングばっか
りしてIQ下げちまえ!…セカンドライフ苦労しますね、それじゃあ。
とりあえず、コローンズの二人はそのよく滑るシューズを早急に燃やし、月曜の朝一番で
シューズサプライヤーの担当者を呼びつけて、相手が急性胃潰瘍になって血を吐きながら
「ずびばぜんでじだ…」と謝り出すまでコンコンとネチネチと苦情を申し立て、迅速に滑らな
い自分にピッタリなシューズを開発してもらってから全てを忘れて欲しい。全部をシューズ
のせいにして。で、良心の呵責関係は全てプレーで精算する方向で解決してください。そし
たら我々も少しは溜飲が下がろうというものです。借りはプレーで返せ。それだけっす。
あ、でも愛しています。ホントです。


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-05-12 17:14 | FC東京

芝居前後の試合   

2013年 05月 09日

_芝居前後に観た試合を簡単にまとめて。

f0200141_20243014.jpg


名古屋戦。今年の名古屋はやっぱり少しおかしい。こちらとしては有り難いが。ケ
ネディの失点はもはや仕方ない、デケぇもの。セットプレーに持ち込ませないのが
大事だなぁ。井上主審はナンボ何でも雰囲気に呑まれすぎ。経験か?お願いしま
すよ審判協会。

f0200141_20432737.jpg


磐田戦。勝ってないよ!勝ってないからね!?でも負けなくてホント良かった。失点
シーンは正直無残。特に2失点目?疲れていたら守れないという事実に対してど
う向き合えば良いのか?人間みんな疲れるからね。後半比較的効いてた加賀を
引っ込めた時はどう出るかなぁ?と思ったが結果オーライ。てか磐田の自滅か?
2点差ってホント難しいものなんですね、ありきたりですけど。石川平山の活躍を
観るのは本当に嬉しい。忠成さんはもうワンチャンスをモノに出来てたらザックの
心も射止められようが。勝ちたかったなぁ。試合後ユルネバを神妙に最後まで聞
いてた選手等が印象的だった。

雑くてすみませんがそんなトコ。次は湘南。疲れも取れたろうし万全な東京が観
れるといいが。







にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-05-09 21:00 | FC東京

バイバイ!ルビー・チューズディ   

2013年 05月 05日

_やぁ!鳥栖戦は念応援だと辛い試合だったなー!何度かケータイ叩き壊しそうに
なったもの。現地に行かれた皆様お疲れ様でございました。

f0200141_23183724.jpg


さて、前回の芝居終了エントリが「メロウすぎる!」と嫁から不評だったので、もう一エ
ントリあの芝居の為に費やさせて頂く。  あの芝居とはコレ

あの芝居の個人的に一番良かったなぁと思うところは、のびのびとした表現力のあ
る女優が多かったことである。文化人類学的に女性は男性が作り上げた芸術の模
倣からスタートせざるを得なかった経緯もあり、(そしてその呪縛からの脱却にムキ
になりすぎていた時代も短からずあり)のびのびとした表現力のある女優はのびの
びとした表現力のある男優より稀少なのだ。そんな稀少な女優をああも集めるこの
団体には感心しきりな私だ。ホントだよ?岡田しずか姐さんなんかはその最たる者
だが、私ごときがしずか姐さんのこと語るとなるとおこがましさに打ち震えちゃうの
で、姐さん抜きで一番ステキだった人のことを。
その人は一言で形容すると「ルビー・チューズディ」そのものだ。(ストーンズのアホ
ほどある名曲のひとつ。キヨシローもカバーしている。聞いたことが無い人はyou
tubeとかで是非)顔合せの時遅れてやって来た彼女は私の隣に座った。隣だった
から人見知りなりに色々話したりしたハズだったのだが、次の稽古の日顔を合わせ
ると彼女はそーっと私に「…はじめまして…ですよね?」と言ってきた。私はズッこけ、
「いいえ、違います。」と告げた。その日私に終始敬語で話しかけてきた彼女は明く
る日”ちゃん”付けで私を呼んだ。無論タメ口で。但しそれはイヤじゃなかった。イヤ
じゃなく感じさせる魅力が彼女にはあったからだ。ただ私は思った。「こりゃ一筋縄で
はいかない人がいる現場だぞ?」と。しかし私の役はあまり多くの人と深く関わらな
い人物だったので(広く浅く関わるのだが)一筋縄でいってしまった。
彼女の演技が良いか悪いか、そしてこの芝居に合致してたかそうでもないかは今回
の演出家でない私の述べるところではないし、彼女が普段より頑張ってたかそうでも
ないかは初対面の私の知る由も無い。ただ私が言えるのは、彼女はいつもフワフワ
で(いろんな意味で。)いつも自信に満ち溢れていて、過去の稽古での良い所も悪い
所も、彼女のタイミングでスパッと捨てた。(忘れただけかもしれない。演出家には辛
いところ)そして新しいものを持ってきた。肝心なのは、彼女はあれだけフワフワなの
に、芝居に対してとっても真摯に取り組んでいることだ。なんかうまく表現しきれない。
きっと私が男で理詰めな人間だからだろう。まぁ平たく言えば面白い女優なんですわ。
そんな彼女を眺めるのが私は大好きだったし、役として絡まなくても彼女から色々イ
ンスパイアされて自分の稽古もエキサイティングなものになった。それだけにもっと芝
居で絡みたかったなぁ。また共演できるといいなぁ。でもまた次の現場であったら「は
じめまして!」とかしれっと言われるのかなぁ。どうかなぁ。でもここで高らかに言っと
こう。ありがとう!そしてバイバイ!ルビー・チューズディ!ご縁があればぜひまたご
一緒に!ご縁が無くてもどうにかまたご一緒に!

……あれ?コレはコレでまた俺嫁に怒られる系?…まぁいいか!怒られとこう。
さあ、明後日磐田戦!4連敗したら4連勝して五分に戻すがスジでしょう?やるぞ~!



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-05-05 01:09 | 演劇

終わりました。錯乱中。   

2013年 05月 01日

_お芝居、やってました。

f0200141_15253189.jpg


 芝居が終わった。毎度のコトながら芝居が終わるというのが私には耐えがたい。最後の上演
が終わる辺りからソワソワし出し、バラしなどはウロウロするばかりでとんだ役立たずと化す。
そして打ち上げでさして得意でも無い酒をゴブゴブ飲んで前後不覚に陥ったり陥らなかったりし
て体調を悪くして寝床でうなされ、起きると強い寂寥感に悩まされる。ホント毎回コレが辛いの
だなぁ。隙間無く現場が決まってたらそうでもないのかもしれない。しかしそんなこと滅多に無い
し経済的に相当きついであろうからなかなか試せない。朝からショボーンとしてると狙い澄まし
たようにキリシト教関係の人が家を訪ねてきた。よっぽどお話を拝聴しようかとも思ったが、相
手がおばちゃんであるのと、キリシト教の教義が全くもって自分に合わないことは重々承知して
いるので、丁重にお引き取り願った。おばちゃんは速やかに去ってくれた。ありがとう、おばちゃ
ん。おばちゃんに幸あれ。
その後いよいよ寂しくなって、ネットなどをポチポチいじりだし、共演者の皆さんは何してんだろ
とか気になって、ここ十年ほど頑なに拒み続けてきたfacebookについうっかり登録してしまう。
(件の芝居の連絡網がfecebookにて構成・活用されていたからだ)よく分からないことが多い
がどんどんスルーし進んでいくと何だか知らない人々の写真がズラズラ出てきて「友達ではあ
りませんか?」と問われる。ウン十人もの知らない人の写真を確認して「んー知らない…この人
も知らない…」と否定し続けるのはなかなか寂しい作業で心が折れそうになる。逆に知り合いを
うまく探せない。探し当てても知り合いのことを”友達”と断言できずに申請できない。つ、つらい
システムだな…。果たして非シス人のページを見つけ、人々を確認したのだが、確認するに留
まる。ふと「事前にメールで申請しても良いですか?的なお伺いを立てたら良いかも知らん」と思
い、ケータイを取り出して打ち上げの時連絡先を聞いたのに教えてもらえなかった人のことを思
い出す。い、忙しかったからな、皆と話したり酒飲んだりするのに…いや、きっと私のことが嫌い
なのに違いない。トホホ。さようなら私のことが嫌いな人々よ、さようなら。最終日までありがとう。
たとえ貴方方が私を嫌いでも、私は貴方方のこと嫌いじゃないぜ!ありがとう、さようなら。いつ
までもお元気で! とりあえずプロフィールに犬の写真を上げておく。

さぁ、リリカルな気持ちでいるのにも飽きたし、髪を黒くする薬剤でも買いに行くか。
最後になりましたが観に来てくだすった方々関係者各位に厚く御礼申し上げます。



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-05-01 16:15 | 演劇