人はどんなときに立つべきなのか?   

2016年 07月 21日



_皆様ご機嫌よう。柏戦も負けましたね。でも最下位の福岡
に負けているので中位のチームに負けることには何の驚きも
ない。内容は悪くない。でも後半ジリ貧なことが知れ渡って
いて対策を立てられている。こっちの交代はいつでも状況を
打開できるほど効果的ではない。まぁ、負けますよ。向こうも
プロですから。

さて、柏に負けていてもたってもいられなくなった私がムダ
と思いつつコンビニでクラシコのチケットを買おうとしたら、
…フツーに買えました。余ってます。ビックリ!

や、わかります。東京ガスの子会社扱いのクラブに、課長み
たいな社長がやって来て、4位に持ってった監督に代えて昔
ヒドい目にあった監督を連れて来て、そいつが結果も出さず
に「受け入れがたい!」とか口だけエラそーなコメントばっ
か吐きやがって、昔みたいな負け方ばっかで選手の表情も暗
いしスタジアムに行ってもまったく楽しくなく、ワンパター
ンな煽りのクラシコの相手は目下絶好調のフロンタで、6-0
や7-2など、昔の記憶がオーバーラップしたら、等々力は
さながら屠殺場のようだ。そんな試合誰だって金払って現地
で観たくなんかない。わかります。 でもね、

そんなヒドいシチュエーションに、
アイツ等を、11人ぽっちにする気か?

それがお前の
”ユルネバ”か?


軽い気持ちの人々はそれでいいだろう。武藤みたいなスターが
いて、勝ってるときだけ応援し、負けが込んだら飲み屋でクダ
を巻く。そんな人々はそんな人々なりの楽しみを見つけたらいい。

でも、仮にも 「FC東京を応援しよう」と思ったことが一度で
もあるなら、応援すべきは今だ。調子が良いときに応援するこ
となんて屁でも無い。辛いときにするのが応援だ。もしアナタ
がフロントに抗議するつもりでスタジアムに来ないというなら、
アウェイには行くべきだ。アウェイならフロントに金は落ちない
から。そして我らが愛すべき選手達は、もしかしたら我々と同じ
ような気持ちかもしれないが、降りる訳にはいかない。様々な
不安や不信と戦いながら、懸命に練習して準備を整えてピッチ
にやってくるだろう。自分が何の為に喉を持って生まれてきた
のか、何の為に肩から重たい切れ端を2本ぶら下げて生きてき
たのか、よく考えたらいい。使わずに一生を終え、墓場で持ち
腐れるのもいい。でも使うのなら土曜だ。絶望的な戦いに身を
投じる奴等を奮い立たせよう。絶望的だが希望が全くない訳で
もないのだから。

そんな訳で俺は行く。仕事は途中で投げ出す。嫁と子供に食わ
す米も買えなくなるが、水でも飲んでもらうとするよ。アナタ
はどうする?チケットはまだあるようだがね?




にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村


by mokkk | 2016-07-21 02:45 | FC東京

<< 監督替わって山河あり。社員安泰... 正直もう監督は変えたほうがよい。 >>