正直もう監督は変えたほうがよい。   

2016年 07月 05日



_えーっと、まずは鳥栖までゆかれた方々お疲れ様でした。

城福監督の事を考えるとき、いつも努めて中立的な立ち位置
で考えることにしている。やっぱ降格時のイメージがありあ
りと残っちゃってて、どうも悪いほうに引きずられがちだか
らだ。そんな私が、鳥栖戦の試合後監督インタビューを聞い
て出した結論だ。

もう監督を変えるべき。

試合後、城福は「戦術や選手を送り出すところまでは私の責
任だが、球際は選手の責任だ」的なことを放り出すように言
い放った。(公式だともっと柔らかい感じの文章になってた
けど、ちょっと違和感あった)それを聞いたとき、最初に怒
りがこみ上げ、次に違和感を感じた。そもそも城福という男
は、この手の失言(本人が失言と思ってるかどうかは別とし
て)をしない男だ。少なくとも第一次城福政権のときは。そ
んな変化を最初のうちは成長だと思ってきた。「あぁ、大分
城福ふてぶてしくなったなぁ」と。だがしかし、このとき出
てきた感想は、成長ではなく

「あ、この人、熱意がない…。」だった。

そもそも監督就任時も、前の就任時に比べて恐ろしくヴィジョ
ンを語らなかった。「私がいま、ここに呼ばれた理由は判っ
ているつもりだ。」と言われても、コッチが判ってないから
もうちょっと説明してくれよ!と思ったものだ。ACLプレー
オフという早期公式試合の為に、色々なことが曖昧になって
しまって現在に至る訳だが、ようやくちょっと見えちゃった
感じなのかもしれない。
もちろん、熱意がないだけで解任の理由にはならないだろう。
そもそも熱意と結果が正比例する人もいれば反比例する人も
いる。ただ、FC東京の選手ってのは、まぁ素直な連中なので、
確実に低熱意に感染していくだろう。(そういった意味では
東京には大熊やポポみたいな、とにかく怒鳴り系監督が合っ
ているのだが)そしてその淡々とした手腕で、ここからどう
状況を打開するのか?しないのか?

そして今年の城福は、とにかくツイてない。戦術がどうした
とか、手腕がどうしたの前に、とにかくツイてない。柱にし
ようとした途端にハデソンは壊れるし、一か八かの交代はほ
ぼ確実に裏目だ。鳥栖戦に至っては、CBを控えに入れない
というギャンブルをした時点ですでに負けてたのかもしれな
い。よしんば監督交代しないのであっても、せめてお祓いに
いかせるべきだと思う。

最後に突然の感情論で恐縮だが、

アイツ陰気すぎる!

東京が出したヴィジョン「強く愛されるクラブ」。それを
受けた我々の想い「勝っても負けても楽しい東京」。城福
のコメントは勝っても負けてもつまんないし熱を感じない
しぶっちゃけコピペじみてるし人気向上につながらないの
だ。以前スタジアムを満員に的なことを言っていた人間と
はとても思えない気の使わなさだ。思えばヒロミはいつで
もサッパリしてて潔かったし、ポポだのマッシモだのは、
外国のエスプリ効かしたコメントで新鮮だった。
集客的に悪い。これだけで監督解任の理由になりうると私は
思うのですがどうですか?違いますか?そうですか…。

無論、監督のみならず フロントも相応の説明責任があると
思う。そしてそこに切り込んでいかないサッカージャーナリ
ズムにちょっと失望したりする。番記者がクラブに近すぎる
功罪?部数増につながんないから文春も近寄らないし?
だがしかし、まずJ1残留に向け、そして観客減少を防ぐ為に
クラブは危機感を持って早急に動いて欲しいなぁ。最近ヒマ
なとき良くJ2の試合TVで観てるけど、J2大変だヨ!

by mokkk | 2016-07-05 19:36 | FC東京

<< 人はどんなときに立つべきなのか? 城福は全くもってない >>