夢のビクフレ交歓会。   

2013年 09月 04日

f0200141_14132239.jpg


9月、芝居でます。コチラ。
10月、芝居出ちゃいます。コチラ。

_これまでの私の人生はまさに濁流の中の落ち葉のようであった。信じる者に裏切られ
敵だと思っていた者に助けられあぶく銭を失い死にかけ家族が家族じゃなくなり家族じゃ
ない者がアホほど「俺を家族だと思ってくれ!」と名乗り出たり名乗り出たきり二度とお目
にかかれなかったり死にかけたり死にかけたのに悟り開けなかったりボヤボヤしてたら
また死にかけたり。今ちょっと生活が安定しているからといって明日の保証はどこにもな
いのである。そこで比較的足元が大丈夫なうちに一生に一度でいいから行ってみたい所
に行くことにした。その地とは

ビックフレームス交歓会

だ。まぁなにせブルジョアしか参加できない会であることよ。ビックフレームスに入るのに
一万円。で交歓会2時間の会費がまた一万円と。(真のブルジョアがゆく「株主交歓会」
については今は省略させていただく)しかしお値段以上の幸せがそこには待っていると
の噂を何度か聞いてはいたので、常々行ってみたいとは思っていたのだ。今年運良くあ
ぶく銭がプクプクとお財布で泡めいていたのでエイヤ!っと申し込み。無抽選?嫁はお
留守番。あ、犬も。
会場ではドロンパがまずお出迎え。なんとかくじは早々と当たりが出払い魅力のないも
のに成り下がっていた。は、早めに着いたハズなのにな…。会場内にはドデーンと料理。
そしてそれに群がるブルジョア達…ブルジョアってケッコーお腹空いているんだな。円卓
が30弱配置されているが1卓あたりに割り振られる人数が多くスペースが無い!先に
円卓に着いた人々は微塵もスペースを詰めたりとかはしてくれなかった。さすがブルジョ
ア、既得権益は逃さないぜ!でもそこはプロレタリアートの素早さをもって隙間にニョル
ンと滑り込むのであった。でも料理取りに行って戻るとまた場所が無いの。トホホ。
そんなんしている内に会が始まる。始めはU-18メンバーの高三の選手が挨拶。大熊
元監督の挨拶。肩書きとしてはなんだったか…とにかく育成のエラい人的な立場でのお
話を賜った。要約としては「ユースはちょっと苦戦気味だゼ!皆様にもらった金で若ぇ衆
に焼き肉食わせたりフランス遠征に行っちゃあルーブルで絵見せたりフォアグラ食わせ
たり人間性を養うことにも使わせてもらってるゼ!ユース上がりの選手が続々レンタル
されたりすることにご意見もらってるけどクラブはコレを是としてるんだゼ!」て感じか?
最後のは社長の言かもしれない。続いて社長挨拶。一言目が「イナゴのみなさん!お
料理は足りてますか!?」だった。なにやら前回足んなくて京王プラザホテルの人が目
を丸くしたらしい。ブ、ブルジョアよ…。料理は足りましたけどケーキは瞬殺でしたよ社
長。で、ヘンな国会議員が乾杯の音頭をとり、一旦無進行な状態になってからトップ選
手が登場した。あったりまえだが練習後のファンサービス時より表情が柔らかく疲れて
もいない。まぁ表情が柔らかいのは広島に勝ったからかもしれない。強化指定選手以
外は大概来たが、加賀は絶賛反省中につき欠席。加賀よ…各円卓につき1名ないし
は2名選手があてがわれ、我々のテーブルには河野が来た。河野は思っていたより
ずっと”かわいい”男だった。負傷中につき椅子を用意されていたが座って良い局面か
判らず立ったり座ったりを繰り返していた。女性ファンはもっと河野の魅力に気づいた
方がよいと思った。少し話をした。プロ6年目、前の所属とは何もかも本当に違うので
馴染むのに苦労したと言っていた。会が会なのでそれ以上突っ込んだ話は聞けなかっ
たが、興味あるなぁ、ベルデーとの内部の差というのは。良いばかりでもないであろう。
そして選手を交えてのビンゴ大会。河野が喜々としてビンゴカードを作ってくれたが結
果は惨憺たる有様だった。と、そこへ権田が凄い形相で我々のテーブルに歩み寄って
きた。「ふは!ブログで悪く書いているのがバレたのか?殴られる!」と思ったがそう
ではなく、権田のテーブルも成績があまりに悪く、不正が行われたのではないかと見
回っていたのだった。ま、負けず嫌いだな、権田…見直したぜ。因みに権田はウチの
ビンゴカードを見るや「あはは、ココもヒドいな!ウチと一緒!」と破顔して去って行った。
その後テーブルを離れサイン大会。ココで選手の人気の差が如実に出て切ない。がん
ばれ河野!負けるな河野!森重の人気が物凄い。前日にゴールを決めた米本もケッ
コーな人気であった。監督に「職場に大分サポがいるのでサインを2枚くれ」と伝えると
「彼にくれぐれもよろしく伝えてくれ」と真顔で言われた。伝えときます。途中お宝抽選
会みたいなのもあったのだが外れたのでよく覚えていない。

そんなこんなで魅惑の2時間は過ぎていった。あっというまだったなぁ。「ユースのことを
思ってくれている人々にクラブ総出でおもてなし」という感じはよく出ている会だと思った。
後はこの会費がちゃんと浮いててそれがまたユース費用に充てられればなお良いと思
う。お土産にパスケースと味の素製品をもらう。因みに我々のテーブルのブルジョアは、
一輪挿しのお花まで持ち帰っていた。凄ぇな!ブルジョア!



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

by mokkk | 2013-09-04 16:29 | FC東京

<< この頃の私。 いまさらのエヴァQ感想。 >>